2015年08月29日

原宏一「握る男」(角川文庫)

現在の同僚が
「読んでみて下さい」と差し出された本。

バブル前夜からバブル崩壊の時期に
成功を夢見てのぼりつめたゲソなる男。
握る=鮨、キンタマ、夢、人心など
その腹心になった(ならざるを得なかった)金森から
見たゲソ。
 
一気に読みましたが
まあ、わたしの好みではない。
ビカレスク物です。
悪漢小説。
そういう人もいるんだろうな
黒い小説でした。
posted by 大ねこ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柳家三三単独公演 江古田「いちカフェ」にて

NHK「おかあさんといっしょ」の1分間アニメ「パンツぱんくろう」でご一緒した縁で今回の場所でやることにした、とのこと。
こちらのオーナーは声優俳優だそうで。
真打ちになって、今更こんなハコでなくても1000人かそこら満員にできる人なのに。
100人そこそこでした。
前から2番めの席、三三さんの仕種、声、表情すべて独り占めな気分で、拝見しました。
楽しいマクラの後、軽い「転失気」

本日のメイン演目「累ケ淵」の「豊志賀」
噺の途中感が甚だしい!
えー?で、しんきちさんはどうなった?
豊志賀はそんなにしんきちを恨む理由が理解仕切れない!
もうひとりの継母が嫌だった娘はどうなった?
気になる。
そして怖かった。
でも、少しユーモアもスパイスで入れてくださり、工夫がうれしかった。

中入りの時、おどろおどろしいBGMだったんで、三三さん直々登場して「一人で楽屋いると恐いからいつものにして」。
あー、普通のおじさんだあ〜。


シメは「青菜」
お屋敷から帰り道の場面とおかみさんとのやり取りをロングバージョン。
七変化の顔に惚れる。

娘ほどの歳の元同僚を誘って参加。
ファン増やしましたよ、三三さん!

売れても誘われて縁を大切にする三三さん、大好きです。

また聴きに行くし、このいちカフェ、好きです。

夏休みの終わり、ホッとする空間でした。
posted by 大ねこ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

水道橋博士「藝人春秋」(文春文庫)

又吉さんが直木賞、ですが、
ビートたけしもたくさん本を書いているし
松本人志も品川庄司も書いている。
そしてこの水道橋博士も書いてますね。
ただし小説ではないのかな、どちらかというと。

そのまんま東
石倉三郎
甲本ヒロト(2回)高校時代の友人だそうだ
草野仁
古館伊知郎
三叉又三
堀江貴文
湯浅卓
苫米地英人
テリー伊藤
ポール牧
爆笑問題
北野武と松本人志
稲川淳二
あとがきで児玉清
おまけで有吉弘行
解説はオードリー若林正恭

ま、現場での尊敬する人々
独特な人
目立つ人
気になる人を
集めた感じです。
私はミーハー感覚で読んだので
女性誌のゴシップ的な感想ですが
まあ独特じゃなきゃ芸能界は難しい。

水道橋さんの感覚もまた独特だし。

たけしさんに関しては
だんだんジジイになってきて
嫌いじゃなくなってきました。
松本人志は、存在感は認めます。

楽しかったよ。
こういう人たちがいてくれて
わたしたちは癒されていると思います。

文章はうまいな。
芸能人初のブロがーとか。
頭がいい。面白い人だ。
芸能ルポですね。一種の。
posted by 大ねこ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

ワールドハピネス続き

坂本真綾続き。
ネオ渋谷系だけど、実際はアニソン系。
最後に20周年を記念してデビュー曲をおやりになりました。

小ねこ、歓喜。
私、野宮さんは美しい、と認めよう。
野音に黒手袋に黒白の大柄横縞ワンピース。
素晴らしい。

KA.F.KA
土屋昌巳のチーム。ギターはうまい。

筋肉少女帯
言わずとしれた大槻ケンヂ。
いやあ、よかった(v^-゚)。
まずしゃべりがいい。
笑顔がいい。
「テクノライディーン」なるパクリ曲、楽しかった。
ヘビメタだけど、テクニックがあるから楽しい。
本当、生で聞かないとわからないもの、あるよね。
もう27年やっているらしい。ぽっと出とは一線画すよね。
エンターテイナでした。

スチャダラパー
ラップもヒップホップも好きじゃないのに、スチャダラパーだけは別格。
「今夜はブギーバック」真ん中において、ラストに「サマージャンボ」。
途中にローリングストーンズアレンジしたやつあって、ちょっと感動。
あの言葉数、あのリズム感、大人の風格あるくせにガキ臭い。
大したもんだ。
やっぱり学ぶ奴らは、本物を出す。

天気。台風の余波で、一面曇天となりました。フェス参加者にはありがたい。
後は、降らないこと祈るのみ。
でも、ワールドハピネスは今まで必ず雨降ってるからな〜。

LOVE PSYCHEDELICO
高橋幸宏ドラム参加。
オシャレなロックポップ。
ん、でも、ま、そんな感じ以上でも以下でもない。

Controversial Spark鈴木慶一チーム
女性ツインボーカル&ギター。
慶一さん楽しそうだ。

Clammbon
たゆたう系。
「クラムボンは笑ったよ」「かぷかぷ笑ったよ」
しかわからない私には、ふーん、てな感じです。

POLYSICS
不思議な眼鏡をかけた3人組。
小ねこ好きらしい。
賑やかなロックバンド。
シャウト&速い系。
怪獣テーマの新曲とか、ドクターペッパーの曲とか、まあ笑えます。
まあキンキン声。

METAFIVE
オーラス。
高橋幸宏さんのチーム。
今年は教授病気だし、晴臣不参加だし、寂しい限りです。

ゴンドウトモヒコ、テイトウワ、小山田さん、などなど。
神神の遊びだね。
山下達郎さんとは全く違うけど、職人は同じ。

アンコール途中で退散。
帰り混み合うからな。

訂正。
参加は今年で5回めでした。
思えば、スチャダラパーは3回見た訳だ。星野源、サカナクション、岡村靖幸、キリンジ、かまってちゃん、などなど、見たよな〜。

今年のヒットは筋肉少女帯で決定。
野宮さんもよかった。CD買っちまったよ。

新木場駅でC&Cのカレー(うまい)食べて帰ります。
明日から仕事再開です。

夏休みが終わる。うえーん(゚ーÅ)ホロリ

……仕方あるまいて。

あ、天気は曇ったまま、過ごしやすいまま、降らないですみました。
posted by 大ねこ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8回ワールドハピネス 夢の島

今日は最後の夏休み。
夢の島のワールドハピネス。4年連続参加。
今年のラインナップは私には非常に微妙、しかし小ねこにほだされ参加決定。

TRICERATOPS
ワダショー=和田誠平野レミ夫妻の息子さん、がメインボーカル&MC
爽やかなJポップ。
嫌味がなく聞きやすい。口ずさめるタイプの曲と歌詞。

Charisma.com
OL2人組。
ノリノリラップ。煽るね。
暑い昼間にピッタリだよ。

SCANDAL
女子4人組。
ガールズロックバンドというやつらしい。
ボーカルイマイチ。
かわいいっちゃあかわいい。

野宮真貴Withカジヒデキ
小ねこのイチ押し、って、お前いくつ?
元祖渋谷系の女王、私は得意でなかった系だけど、やはり歌はうまい。
「東京は夜の7時」
「LOVE SO FINE」
カジの歌2曲、他1曲。
ラスト「僕らが旅に出る理由」BYオザケンからの「メッセージソング」。決めてきますね。

坂本真綾
これも小ねこイチ押し。声優鈴村さんの嫁。
攻殻機動隊の歌とかカードキャプターさくらオープニングテーマとか歌ってる人。
「DOWNTOWN」スタート。
コーネリアス小山田さんとも組んでいるらしい。
しっとりした声がネオ渋谷系な感じ。

一旦ここで第1部。
posted by 大ねこ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

北海道道北旅行10ラスト

image/2015-08-21T173A543A25-1.jpgimage/2015-08-21T173A543A25-2.jpg旭川の街に出てとりあえず昼飯探し。
大通りから少し外れた道の昭和通りというところの、大番寿司。
金曜日から日曜日は昼飯提供の店。普段は夜営業。
830円で握りセットちらし寿司セット。
よかったです。

時間あるので、伝統美術工芸村へ。
市街地から4キロです。
雪の美術館。
アナ雪の世界を彷彿とさせる雪の結晶をあしらった空間。
大雪山の雪をそのまま保存している廊下。
写真はその2枚です。結婚式場も兼ねているようで、好きな人は式場にいいところです。

染織美術館。
企画展で世界各国の「衣装」を「布」の視点で紹介しておりました。
なかなか見応えあって、真剣にお勉強いたしました。

お菓子の蔵人。
いわゆるお菓子処で、多彩なお菓子があります。
北海道小豆と沖縄黒糖コラボの饅頭買いました。

道の駅あさひかわ。
寄ってトイレ行っただけです。
ご当地キャラのアサッピーの鉄像には、さすがに驚きました。(かわいいけどイマイチ人気でないよね。フリンジのラーメンがやや時代遅れ?)

後少し時間あったけど、喫茶店も見つからなくて、ガソリン入れて空港です。

これで5日間の北海道道北&稚内は終了。

今日は旭川暑かった。
でも東京はもっと暑いよね。
うんざり。
仕事も待っております。
日曜日は最後の「大騒ぎ」がありますが。(ワールドハピネス)

にしても一区切り。
寒いペンギン夏を生まれて初めて経験したことは忘れません。
稚内の強い風、貴重な体験をありがとう。

ラストに今回のホテルランキング。
1位=初めの紋別。食事も風呂もよかった。
2位=初山別
3位=剣淵町と稚内

以上。
お世話になりました。
posted by 大ねこ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行9

桜岡
お風呂、地元の大きいお風呂屋さん。
夕食、まあ値段相応。
朝食、バイキングでいろいろありおいしかった。
まあ、そんな感じ。
けんぶち絵本の館という図書館兼本屋兼喫茶兼展示場。
あくまで時間あったので、道の駅けんぶちに寄り、桃パン。
なかにしっかり桃。
形もお尻にしても似た桃形。
おいしかったので、追加、と思ったら、あっという間も完売。
残念。

絵本の館に戻りました。
1時間弱いました。
いくらでもいられそうです。
楽しかったですメロディ
絵本の数すごい。
何冊か手に取りました。
友情もの、お涙もの、家族愛が圧倒的に多い時代になりました。
よって、いいなあと思える本は少ない。
子供に読ませるにしても、考えたいところです。
教科書の内容も劣化しているので。

おっと、それはまた別な話。

剣淵町に別れ告げて一路旭川に戻ります。
posted by 大ねこ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

大沢在昌「絆回廊〜新宿鮫10」

全く別の記録、挟みます。

旅行だからと選んだ分厚い文庫、おかげ様で読破。

だいたいタイトにあまり意味を考えなかったた新宿鮫シリーズですが、今回ばかりは、ああ〜、でした。

鮫島自身の絆=晶のバンド覚せい剤トラブル&今回の事件の柱が上司の桃井を守り切れるか
犯罪者側の絆=刑務所にいる間に家族を支えてきたゲイのスナック経営者と、支えられてきた中国人。しかもその中国人は、鮫島が追う犯罪組織と関わっている
この二重構造、三重構造の妙が、今回の読みごたえとなりました。

最終的に、鮫島の最大の理解者であり支援者だった桃井が、殺される一つめのクライマックスが、緊張し過ぎて、ラストのクライマックスは、ああ、まあそうだよね、でした。

主人公が死ぬ訳にはいかないですよね。
これが10作め。
次は、桃井無しで鮫島はやりにくい状況から始まるんでしょうね。
晶とは一旦別れた形になって、メールだけで繋がることになるのかなあ。

人を恨み、殺すことのできる犯罪者主人公の樫原が、怖いけど、かたや、中国人犯罪者の人間性のなさを見せつけられると、樫原の方が「人間らしく」見える皮肉も考えさせられました。

鮫島〜幸せ掴んでくれよ〜
posted by 大ねこ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行8

さて、最後の宿泊地、剣淵町のレイクサイド桜岡。
道の駅けんぶちの商品券付きのコース予約だったので、まず道の駅けんぶちに。
絵本でも売っているかと思っていたけど、正直イマイチです。
なので、小ねこの友人のお土産用に費やしました。

桜岡湖という農業用貯水池に隣接したホテルで、お好きな方はゴルフとかもできるようです。

私どもは、ごろごろ派なので、最後ののんびりタイムを味わい、温泉と夕食をいただきたいと思います。

本日以上。
明日は、剣淵町で遊び、旭川に戻り、その近辺で過ごし、夜の便で帰京です。

また暑い(;´д`)んでしょうね〜。
ちなみに今日は雨ほぼ降らなかったです。
傘は不要でした。
時々顔を出す太陽は、かなり眩しかったです。
明日は、どうかな?
posted by 大ねこ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行7

image/2015-08-20T153A183A56-1.jpgimage/2015-08-20T153A183A56-1.jpg道の駅なよろ
もち米が有名らしく、夏なのに雑煮があったので、夏なのに食べることにしました。
玄米餅、薄っぺらいけど腹持ちよく野菜と一緒においしくいただきました。
大福とかもたくさん売っていた。

結構ぶらぶらした後出発。

サフォークランド士別=羊と雲の丘

羊に餌やり体験
素晴らしい眺望
あまり宣伝もないようだし商売気もない。
それがいい。
羊毛ストラップ自分用に、羊毛マグネットお土産用に買いました。

穴場あります、北海道、さすがです。
写真奧羊います。
posted by 大ねこ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行6

道の駅なかがわは100円野菜販売していたので、明日帰るからと思い、ズッキーニとチンゲンサイなど買いました。

40号線東に進み、JR稚内駅からのライン線路(宗谷本線)に沿って音威子府に向かいます。
この音威子府って、オホーツク方面から(太平洋)天塩方面から(日本海)双方の中継地点のような感じでしょうか?
後100数十キロで旭川だし。

道の駅おといねっぷは木曜休業だった!

その代わり?宗谷本線稚内行きを目撃。
4両編成でした。

道の駅びふか。
チョウザメ館。
昔天塩川にはいたらしい。
今はキャビア狙いもあって養殖しているらしい。
餌やり体験もできて楽しかったです。
茹で玉蜀黍、おいしかった(^〜^)

なんにもない村、でも悪くないな。
posted by 大ねこ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行5

初山別温泉岬の湯。
7500円で2食付き、夕食の味付けは正直イマイチですが、お風呂最高!
広さ、泉質、浴槽、居心地ともになかなかです。
北海道日本海一望の露天風呂もいい。
日本海側の宿泊の穴場だと思います。
和室の布団敷きはセルフですが、大したことはない。

残念ながら今日も雨マーク、ただ、朝風呂タイムは青空で嬉しかったドキドキしているハート

予定では南下して朱鞠内へ寄ってから、と考えていましたが、宿の方に聞くと、「何もない」とのこと。
道の駅フリークとして、多い方の1119号線からの、中川、音威子府、美深名寄ライン選択。

ただいま中川目指しているところです。
天気はくもり、気温は20度くらいでしょうか。
posted by 大ねこ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

北海道道北旅行4

なぜ富士見という名前なのか、不明なまま、お土産がスーパー価格で安かったので、買いました。

一路初山別へ。
残り15キロ。

初山別温泉岬の湯=道の駅=初山別天文台。
晴れていたらなあ。
♪見えないものを見ようとして〜♪
の「白線流し」の舞台の1つだったらしいです。
立派な望遠鏡があり、晴れていさえすれば、星が見えるそうです。
残念!

仕方なく宿に戻りました。
しかし、その時高台から見える日本海を臨む景色は絶景。
まあこれも、晴れていれば、最高なんですが。

バイクライダーや自転車ライダーが多い北海道の道ですが、ここにもバンガローやテントがたくさん見られました。

私どもは、ゆっくり温泉入り、食事をいただきのんびりとすることにしましょう。

続きはまた明日。
残り2日となりました。
あ、ちなみに、初山別の気温は十分低いですが風のない分過ごしやすく助かります。
posted by 大ねこ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行3

image/2015-08-19T143A483A16-1.jpg
オロロンライン最高でした。
道と日本海と湿原のほかに何もない。
まっすぐまっすぐまっすぐまっすぐ!
28基の風力発電圧巻でした。

突然ひらける天塩の町。
道の駅てしおはしじみコロッケ。
食べました。
次は、道の駅富士見です。
posted by 大ねこ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行2

image/2015-08-19T133A083A01-1.jpgimage/2015-08-19T133A083A01-2.jpgノシャップ岬の食堂「みなとや」さん。二股丼イカとウニで写真の量で2000円。
小ねこはいくら丼1500円、おいしかったおやゆびサイン
雨また降る中、日本海側に折れ南下開始。
254号線からオロロンライン=稚内手塩線に入ります。

もうひとつの写真は、稚内駅です。

別れて改めて思う。
最果てだったんだなあ。
こうした風土で、日本の歴史の流れと異なるアイヌ文化で生きてきた人々の、たくましさは想像を絶する。
そこに間宮さんが調べ、伝え、日露戦争で勝ったためサハリンを手に入れたため、稚内は街となって、敗戦の後は、見捨てられて行った……。
様々な歴史の功罪を、考えずにはいられませんでした。


真面目な話はおしまい。

旅は続きます。
posted by 大ねこ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行1

北海道道北旅行1、の始まりです。
山一さんの普通の朝食いただき、6200円でOK(この値段が全て)、宿を出ました。

副港市場で軽い買い物(夜の方が賑わうんでしょうか、だったらいいんですけど)、道の駅稚内=JR稚内の2階=シネコン!で映画始まり見ずにコーヒーだけ頼み。

稚内駅から旭川で5700円、札幌千歳だと10000円越す………。
つまり、東京名古屋間で約10000円だから……(新幹線)。
自宅から横浜だって1000円しません。
改めて北海道の広さ実感。
稚内の人が札幌に行くこと自体、大旅行や大決心って言うことなんですね。
そもそも稚内はサハリン(樺太)を繋ぐ船の発着所として拓けた場所です。
つまり、旭川行くよりサハリン行く方が近い。(航路43キロだそうです)

で稚内公園にある北方記念館稚内市開基100年記念搭に。
展望台行っても霧と雨で何も見えないという結果。

ノシャップ岬に着くと風はあれど雨は止みました。
寒流水族館(なのに熱帯魚もいた)と青少年(!)科学館。
水族館には2つ感動。1:ドクターフィッシュ。荒れた手を突っ込むと食べる食べる。ありがたい。
2:幻の魚イトウが何匹も。北海道のみまだ生息とのことで。かつてアイヌは食べたんであろうと。
科学館もお子ちゃまに戻り遊びました。

稚内ってロシアや中国の方が近いという、気候的にも日本的でないという結果。

異境?異郷?感を強く感じました。
posted by 大ねこ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

北海道稚内方面旅行9 このタイトルラスト

宿に着きました。
正直言います。
狭い。
風呂も2階にある普通の風呂です。
なので、部屋付きの風呂にしました。

けど、食事はおいしかった。
厨房脇のダイニングルームで食べるのですが、家庭料理の延長ぽく、量も手頃。
秋刀魚がもう出ていて、甘辛い煮付け、絶品でした。

明日は稚内市内からノシャップ岬、日本海の道を南下して、初山別まで向かいます。

よってタイトルも「北海道道北旅行」に変わります。
posted by 大ねこ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道稚内方面旅行8

image/2015-08-18T173A003A20-4.jpgimage/2015-08-18T173A003A20-3.jpgimage/2015-08-18T173A003A20-2.jpgimage/2015-08-18T173A003A20-1.jpg道の駅マリーンランド岡島。
枝に幸とかいて枝幸=えさし町、だそうです。
ラーメンと雲丹入りおにぎり(中ねこは蟹とじ丼)、実に食べ歩き。
少し土産物買って、既に予算オーバー。
次は更に北上65キロ、道の駅猿払(さるふつ)。
ホテルやキャンプ的なものも併設。
しかし!
腹はまだいっぱい、雨風は強い、寒い彡(-_-;)彡、で、トイレだけ借りてまっすぐ出ました。

更に、北上!30キロ。
目指すは宗谷岬。

4時20分着。
ものすごい風雨。
土産屋の方々も「こんなに寒い夏は珍しいね。昆布取れないし」と歎いていたのです。

写真
最北端の搭。
暗いオホーツクの北の海。地平線が丸かった。
鹿は草むらにおりました。

寒い{{(>_<;)}}

後は宿。稚内市内の旅館山一さん。
posted by 大ねこ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道稚内方面旅行7

車に暖房入れました。(笑)
右に放牧された牛、右にオホーツクの海のオホーツクライン238号をひたすら北上。
道の駅興部(おこっぺ)。
牛乳大嫌いな私が、口にすることができました。おこっぺ特産品の牛乳。
あの匂いが皆無、味も私が知っている牛乳じゃない。
バターケーキ200円1切れ。うまい!
飲むヨーグルト180円。うまい!
極めつけは、チーズポケットサイズ(食べ切り)500円、高くて買うのに悩みましたが買って正解でした。
うまい!!
濃厚、豊潤という言葉はこのためにあります。
いかに普段まがい物を食べているか思い知らされる感じでした。

北上。
道の駅思い雄武(おうむ)。
だったんそばの粉で作ったコロッケ、各種ねりもの、はんぺんがうまい町。
昼飯前の我が家の胃袋を満たしてくれました。

更に北上40キロ、次の道の駅目指します。
posted by 大ねこ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道稚内方面旅行6

image/2015-08-18T113A123A17-1.jpgimage/2015-08-18T113A123A17-3.jpg流氷科学センター=道の駅紋別でした。 マイナス20度体験きつかった。

オホーツクとっかりセンター=海豹の飼育保存センター。
これは穴場!
20頭くらいのゴマフ中心のアザラシたちがかわいいハート
餌やりシーンからおさわりまで至れり尽くせり。
言うこときかないで餌貰えないケンジ、人間なら90歳らしい落ち着いたグーグ、餌のためならばなんでもやるショーマンのタクミ、個性豊かでした。
アザラシたちの表情見てると教室の子供達思い出しました。
飼育係のお姉さんは、先生であり家族のお母さんでした。
これだけ体験して、感動して200円。
商業施設ではない分むしろよかったです顔1(うれしいカオ)

ところで気温は17度。
長袖もって来て正解でした。
雨も降っております。
流氷破砕船ガリンコ号2乗れる場所も間近でしたが、今回はパス(―_―)ノ“
寒くて船はない。ブルブル。
posted by 大ねこ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする