2016年08月30日

遠近両用。

救急車事件後、鼻をかめません。
怖い。
でも、追い打ちかけるように、風邪気味です。
鼻呼吸ができず、喉まで痛みます。
夏休み遊び過ぎた罰かなあ。

注文しておいたメガネが出来たので
取りに行きました。初の遠近両用。
手元の新聞や文庫本が随分読みにくくなり、
近眼用では一旦メガネをはずさないと見づらく
なってきていました。ああ、歳をとるってこと。
早速はめています。
慣れるまでは遠い方が心配ですが、
おかげさまで近くの小さい字がよく見えます。

読書が辛くなりかけていたので、助かります。
フレームも少しレンズの関係で
今までよりは大きめになりました。

まあいよいよ、壮年時代です。
(老化、とは敢えて言うまい)

ちなみに購入先は、zoffで基本的な
標準サイズで税込み10800円でした。
posted by 大ねこ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

救急車。

実は昨日救急車に乗りました。
鼻血の出過ぎで。
いやあ。笑い話ではないんです。
ワールドハピネスのトリのMETAFIVEの時
雨も降って来て荷物整理していて俯いていたら
突如レインコートが血だらけ。
あわわ、とタオルをあててテイッシュで処理、
なんだかんだで15分くらいで止血。
そのあとは大丈夫でした。
しかしながら自宅に戻り、さあ明日から仕事だ、と
少しノンビリしていると、突如またブッ。
出るわ出るわ。
風呂場に飛び込み水流しつつ鼻を押さえ
しかし止まる気配なし。
小ねこが手配してくれ救急車。
かつて3回ほど乗りましたが自分は初めて。
乗車中に止まり、ああもういいかなと思いつつ
都内T病院着。
ベテラン女医さんとインターンあがりの女医さん
消毒、診察、処置、血管焼きまで1時間超え。
血圧上昇してるから内科受診を勧められました。
普段130、この日170!
確かにこれは、と。
中ねこの車で自宅へ。
家族があって良かったと心から思いました。

で、本日仕事休み、かかりつけの地元の医院へ。
血圧正常値、先生は鼻血と血圧の関係はないよ、と
嬉しいお言葉。

ということで大したことはないよ。
ご心配なく。
でも救急車、日本の誇りだな。
救急外来、日本の勤勉さの賜物だな。
みなさんありがとう。
大騒ぎしてすみません。
9月に入る前で良かったです。
posted by 大ねこ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅田次郎「一路」

下巻読んだら詳しく書きます。
今日はワールドハピネスの記事で
いっぱいいっぱいという面もあります。

江戸も後期の無駄と意味無しの参勤交代を
半ば揶揄を込めて書き始めたと思われます。
一路は参勤交代のお供頭、父が急死して
やらねばならない立場に置かれ、
人との出会いで徐々に解決して
形骸化している参勤交代に深い意味を
持たせていくのです。
更に、その父の死は、謀反の現れのひとつとしての
意味も徐々に現れてきます。

歴史で習った参勤交代は
宿一つ取ってもさまざまな経済効果に
影響があるんだと改めて気づきます。東海道を選ばず
中山道を取る理由が
川越えの大変さに関わることも。
山の峠越えの方が大変そうですが、
さにあらずと知りました。

悪事組は旗色わろし、の展開で
下巻に入ります。
posted by 大ねこ at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

ワールドハピネス2016

ワールドハピネス、夢の島でのファイナル。
毎年参加しています。
夏の最後を楽しむイベント。

ちょっぴり遅刻して参加。
オープニングアクト、柴田聡子さん間に合わず。
after school hangoutは高橋幸宏矢野顕子、
林立夫、鈴木茂らの豪華バンド。
ビートルズの「レディマドンナ」にやられた。

weaver
ピアノをフューチャーした3人組。
悪くない。声もいい。

矢野顕子
はっぴいえんどの「夏なんです」、すんごいよい。
「そりゃ無理だ」いいねえ。
トークも軽妙洒脱。「一つだけ」。
元はアグネス・チャンのための歌だったらしい。
改めて聴いてみたくなりました。
ラストに「春咲小紅」、楽しくなります。

yikki beat
シティポップニューカマーらしいー。
予想通りの普通っぽい今風サウンド。
ぼーん、とこもる音の感じが今ひとつ。

スチャダラパー、待ってました。
オフィシャルTシャツ買っちゃいました。
有名なやつ、いっぱいやった。
「再見アディオスまた逢う日まで」で終わらせたつもりで
「夏のせい」でしめるあたり、最高。
30分あっという間。
飽きさせないBozeの煽り。
歌詞の良さ、聴きやすさ、ノリのよさ。
ワールドハピネス、最多出演らしいが
あなた方見たさに来てます。

ポカスカジャン、音楽コミックバンド。
ボサノバやフラメンコや似ている曲で遊ぶ。
楽しい。
ライブあったら行ってみたい。
歌も演奏も上手い。

ムーンライダーズ。鈴木慶一。
私はあまり興味ない。人気は結構あります。
ずっとのファンも多いのでしょうね。
ゴンドウトモヒコ参加。ドラムに幸宏参加。
渋い。

glim spanky。嗄れ声最近人気あるグループ。
ジャニス・ジョップリンの声質に似ている。
元気もある。
ワンピースの主題歌歌って注目株らしい。
惹かれる面もあるけど、もう少し様子見。

東京スカパラダイスオーケストラ 、言わずもがなの
力量。演奏やばい。
「氷結」CMの曲やジャズスタンダードのカバー、
どれもノリノリ。

水曜日のカンパネラ。白馬のおもちゃに乗って
花道登場。ワールドハピネス初めてのパターン。
明るい、可愛い。一見。
ラップ系でスクリーンにも工夫。歌詞載せて。
ステージに凝るタイプ。
声は柔らかいね。にしても、自由。
水曜日のカンパネラというプロジェクト?グループ?の
ボーカルとのこと。前衛派かなあ。

電気グルーヴ。待ってました。
ピコピコサウンドにほぼ興味ないわたしが
唯一と言っていい好きなテクノが
電気グルーヴであります。
ピエール瀧の人柄が全て。
卓球のセンスが全て。
40分乗せてくれました。

大森靖子。よくわからない。
シャウト系。うるさい。陶酔型、自己満足系。
芝居がかりメッセージあるんでしょうけど、
聞く方が、辛い。
雨もさすがにポツポツ。レインコート必要。
早く終われ、と念じてしまった。
せっかくの楽しい空間を壊すパフォーマンス。
好きな人には堪らないんでしょうけど
苦手な人間には、辛いです。

METAFIVEがトリ。
贅沢な面々で贅沢な音楽。
高橋幸宏の現在のオリジナルバンド。
Don't Moveとかやばいくらいかっこいい。
アンコールで、元Japanのドラマー
スティーブ・ジャンセンが来て、「君に胸キュン」‼︎
これは、ビックリ。
細野さんが爺化し、教授は闘病中で
幸宏一人若々しく怪気炎。

2011年から参加のワールドハピネスですが、
オリンピックの影響か、夢の島での開催ファイナル。
来年も、ライブそのものはあるようですが、
はてさて場所はどこでしょうね。
そしてワールドハピネスが終わると
夏も終わる。
明日から仕事本格的に始まります。
うう。
posted by 大ねこ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

富山・石川旅行15.終了

魚津水族館。
日本初の水族館ですって。
また、今ではどこにでもある
ドーム型の見上げるタイプの水槽、
それの発祥の地でもあるそうです。
それぞれの魚たちについているキャプションが
秀逸で、田舎で小ぶりながらも
愛のある、心豊かな水族館でした。
出口にあるドクターフィッシュに手を突っ込み
感動して出てきました。

最後の立ち寄りは道の駅ウェーブパーク滑川。
光彩という併設レストランで
ホタルイカ天丼、白エビ天丼、ホタルイカ沖漬け、
どれも美味しかった。
ホタルイカミュージアムもありましたけど、
時間の都合上、パス。ちょっと残念。

一路富山駅。レンタカー返して新幹線待ちます。

そして旅のまとめ。。
美術館以外は、すべて文句なしの旅でした。
能登の豊かさも、富山の素朴さと底力も
まら仕事に戻る自分への活力になりました。
石川の道の駅はほぼ網羅。
日本海の穏やかさは絶品。
台風も縦断する中、お天気に恵まれて
自分の晴れ女ぶりに密かに拍手します。
3時過ぎの新幹線で大宮に戻り、
またまた日常です。
来年は青森、岩手とリクエストを受けたので
それに向かい、 頑張ります。

以上、2016.夏の旅日記は終了です。
posted by 大ねこ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行14

ホテル黒部の温泉は、つるつるになります。
広くて落ち着きます。
露天風呂からもトロッコ電車眺められます。
残念ながら、トロッコには乗りません。
片道1人4500円ですものね。
ざっと3人で30000円、ちょっと難しい。
食事も美味しくいただき、出発。
最初にYKKを見学します。

YKKセンターパーク。
ここは是非来てください‼︎
無料でいっぱい学べてちゃっくんが手に入ります。
ちゃっくんは850円実費ですが。
ファスナーと窓YKKですが、
作り方や開発秘話、創業者の吉田忠雄さんが
善は循環するという思想者であることが
わかります。
YKKは世界ファッションや安全、宇宙服等で
大きなつながりのある不滅の企業だと
強く認識しました。
ブラジルで農園も作り、コーヒー栽培も
手がけているということで、さっぱりした
いいコーヒー飲みました。
コマーシャルがよいYKKです。
やはりセンス、もっています。

魚の駅、生地。
ウーン、ここは大したことない。
近くの四十物こんぶという昆布屋へ。
富山では昆布とれない、なぜ?と伺うと、
昔富山の米と昆布を北海道とで貿易していた
そのいわれで、加工業発達らしい。
なるほど、確かに北海道羅臼では
昆布丸ごと販売が基本でした。
ここでは、美味しく食べられるよう
加工品主体。納得。
で、お茶と試食勧められた勢いで
たくさん買っちゃいました。
商売上手。
でも嫌味全くなく、温かい雰囲気が
購買を決定しました。

海の駅、蜃気楼。
蜃気楼よく見られるらしいです。
日本海眺望抜群ですよ。
富山ブラックサイダー、買っちゃいました。
自宅で賞味します。
posted by 大ねこ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

富山・石川旅行13

と思ったら、なんと高速は滑川インターチェンジから。
2区間からのるか、ナビ。
もっと早くのれただろう。
それまで8号線チンタラチンタラ走りました。

道の駅うなづきで地ビールあり、
ビール館もあります。
缶ビール買って出ました。
サルも出る道南下、黒部へ。
雲が、厚くなって、
山あい感出てます。

ホテル黒部、古いホテルですがだからいい。
まったり旅の最後にふさわしいです。
広い畳の部屋で、トロッコ電車が見られます。
夕食は刺身も陶板焼きも良いですが、
富山コシヒカリのごはんが最高。
デザートの「宝石箱」というゼリー寄せフルーツ、
ちょっとした工夫がうれしい。

温泉は後で入ります。
報告は明日。
明日は富山、YKKから滑川の海沿いを走り、
富山駅に戻って帰ります。
posted by 大ねこ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行12

道の駅倶利伽羅源平の郷は地域のほっとスポット。
温泉、産直、デイリーヤマザキ併設。
野菜買って退去。
次は道の駅おやべ。
メルヘンおやべってことで、メルギューなるキャラ、
んん、町おこしだね。
ここでも産直野菜買って退去。
ちなみに、もう富山です。
相変わらずよい天気です。

国道8号線で渋滞発生。ぐぬぬ。

道の駅万葉の里高岡。
カラーコロッケなるもの、存在。
白エビ、グリーン、ブラウン、ホワイト。
他にもブラック、イエロー等。
グリーンはほうれん草、ブラウンはゴボウ、ホワイトは米と昆布。
おもしろいし、おいしい。
こういう特徴はいいですね。

さらに東へ、道の駅新湊。
カモンパーク新湊、カモン!
職場への土産、射水産白エビのせんべい。
白エビは富山しかいないんですって。
ヘェ〜。
ここから北陸道高速のって道の駅うなづきへ。
今日のゴールは近いです。
posted by 大ねこ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行11

金沢蓄音機館は良かった。
JAF会員250円でここまで楽しめる。
蓄音機で音を聞かせてくれる。
音楽への薀蓄を高めてくれる。
思わずSP録音CD買おうか迷う。
結局やめて職場の人への土産を誂えました。
ここはオシますね。

炎天下、徒歩でひがし茶屋街へ。
京都先斗町ミニチュア版。
値段の高さと鼻っ柱の高さは
京都並み。喫茶店でホットサンドイッチ、
抹茶サンドイッチ、グリーンティー等、
センスの良さも誇りの一つとみました。
オシャレです。

戦災に遭わない街の特権を最大限に生かした
料亭通り、鏡花通りという路地を抜け、
車に戻り、金沢市内にお別れ。
全体に何かとお高い街でした。
目指すは道の駅倶利伽羅源平の郷。
我が家らしい旅に戻ります。
posted by 大ねこ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行10

ホテル金沢には、イタリア人らしき観光客多数。
他にもハンドボール大会関係者など、
シティホテルにふさわしいお泊まりが。
朝食はバイキング。
煮物など野菜多めが私好みでした。
バイキングあるあるネタで食べ過ぎ。
今日は金沢市内周り、黒部へ。
(やっと出てくる富山)

長町武家屋敷跡。
京都や倉敷などを思い出す。
足軽の家も広い。
前田加賀百万石が物持ちだった証左か。
冬の雪さえ我慢すれば、水も塩も豊か、
京都、名古屋、東京に同じような距離で行ける。
そりゃあ栄える。
直射日光は避けられないが、歩いて楽しかった。


21世紀美術館、正直な感想を書く。
よくない。
回廊状になっているのはよい。
けど、案内表示が不親切。
係員もいるけど、きちんとした対応がない。
例のプールも無料ゾーンが狭い。
仕方ないが人が多い。
東京の各種美術館で嫌な思いはしたことがない。
つまり、一つの美術館に盛りすぎているということ。
白の回廊が病院のよう。
期待が高まらない。
結局プール覗いてぐるぐるまわらされて終わった。

喫茶店狼騎に入り、お茶タイムして
ひがし茶屋街方面へ移動。
ああ、所詮観光地か。どうだろうか?
posted by 大ねこ at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

富山・石川旅行9

サンセットパークの手前にもう一つ
道の駅見つけました。
道の駅高松。
伊藤園お茶の玉露水出し1080円発見。
ウーン。
小ねこはこだわったけど、高い。ムリ。
なぜか生協で買うアオサ粉見つけ、
美味いのを知っているので、即買い。
これも石川県加賀市のものと知り、
へえええ。

で、サンセットパーク。
雨は少し降ったものの、サンセットパーク到着時は、
曇り空。微かに光は漏れ、
日の入りの様子はなんとか。
お店そのものは地産地消とお土産で
パスしました。

やっと金沢市内へ。
今日の宿はホテル金沢。
一般的なシティホテルです。
夕食は金沢駅付近で。

駅近ビルの中で、東京にもがっつりある
麻布茶房で中華系を。

後は明日の金沢巡りと富山行きに備え
休みます。
あ、兼六園は行きません。念のため。
posted by 大ねこ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行8

道の駅赤神
ご夫婦でやってるらしい風まち湊という
お店でのどぐろ佃煮見つけて買いました。
小さな道の駅です。

道の駅とぎ海街道
サクラ貝、サザエが有名。
でもスルー。
そこから200メートルのところに
世界一長いベンチ。
460.9メートルらしいですね。
サンセットが綺麗に見えそうですが、
間も無く16時。金沢まで80キロ、
出発します。
怪しい雲もついてきていますしね。

道の駅ころ柿の里しか
プール、温泉併設の地元のオアシス的場所。
寄ったのみ。

コスモアイル羽咋
ガガーリンたちがロシアで地球一周を成功させ、
アメリカはジェミニ計画からのアポロ計画成功の
歴史が実物とともに再現、
宇宙のことは、さっぱりですが、
私にとってはリアルタイムでの体験が
思い出されました。
大阪万博で月の石あったな。
テレビで月を歩く様子を見たっけ。
♪ぼっくらの生まれてくるずっとずっと前から〜♪
な小ねこは、感じるものがあったようです。

道の駅内灘サンセットパーク
本日最後の立ち寄りへ。
のと里山海道にのって。
posted by 大ねこ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行7

道の駅千枚田ポケットパーク、おにぎり。
米、塩、具、海苔、すべて絶妙なバランス。
大きさもあり、180円リーズナブル。
ただ売っているものは、商売気いっぱいなのでパス。
臨む景色は、海 と棚田と青い空。
いいね。

輪島市街地へ。
朝市、永井豪記念館、キリコ会館。
まず朝市通り。いわゆる観光客目当てのアレでした。
町おこしの一つですね。
安めのお椀とお箸、家族分購入。
後は、正直あまり魅力的ではなかった。
永井豪記念。
値段の割に展示は今ひとつ。
ただ、パソコンで豪さんの絵をなぞって
記念マンガに出来るシステムは面白いと思います。
私はキューティーハニーで、中ねこはマジンガーZで
記念に作ってみました。
空いてて良かった。
ちなみに入館料は500円。
ウーン。

キリコ会館。
祭りの神輿を先導したり、神を呼んだり、
悪業を集めたりするもので
その大きさは、ねぶた規模。無論灯籠なので
縦長ですが、威容は似ています。
人々の神事に向かう姿勢を垣間見ました。
同様に御陣乗太鼓の存在も。
武士に対抗すべく、土着の農民漁民の太鼓とか。
ああ、ここにも土地を守ろうと闘う人々が。
日本の神信仰、仲間意識、ザインとゾルレン
感じて、本日実はお祭りでキリコや松明出るとの情報、
残念ながら金沢下るので見る事叶わず。
ちょっと悔しい気分で後にしました。

道の駅ふらっと訪夢。輪島の最後の立ち寄り。
バスステーション兼ねています。
昔は輪島駅、あったようですが今は廃線の跡も。
食べるものは今ひとつなので、近くの喫茶店、翁。
これが大正解!
老夫婦と息子夫婦でやってる感じのいい感じの喫茶店。
サンドイッチも、スパゲティも、カレー系もあって、
メニューで迷いました。
小ねこカルボナーラ、中ねこオムカレー、私はホットサンドイッチ、
正直全部美味しかった。
こういう拾いものが、また旅の醍醐味です。

輪島を抜けてどんどん南下。
夜までに目指せ金沢!
posted by 大ねこ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行6

珠洲ビーチホテルの大浴場は
修学旅行用の大浴場でした。
窓から海は
臨むことができました。
朝食も洋食と和食いずれか選べるパターン。
飲み物はドリンクフリーでコーヒー、
美味しかった。
8時出発。禄剛崎、能登半島の突端に向かう。
道の駅狼煙。
豆腐とか塩とかある中、ゆかり買った。250円。
禄剛崎は徒歩坂道なのでパス。
天気も少し曇り空へ。

ゴジラ岩発見。
ゴジラというよりますミニラ。
可愛い岩でした。
南西下り20数キロで道の駅すず塩田村。
海の水の味がしょっぱいというより塩水まんま。
岩も白っぽく塩に関わる感じ。
釜揚げ塩(結構貴重ぽい)など購入。
窓岩など、気色絶景。
天気も再度回復、暑い。
さらに下り珠洲最後の土地、
塩の駅輪島製塩。
トイレがペイントイレといってペダルなしの
ずーっと水が流れるトイレ。面白い。
いや、そんなことより釜で実際作っていました。
昔ながらの製法でした。
ここでもいっぱい土産買いました。
本物はいい。
地元応援もしたい。

白っぽく体験、珠洲体験はこれにて終了。
posted by 大ねこ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

富山・石川旅行5

道の駅すずなり。
能登半島の先の方まできました。
乾燥しいたけと、いしるというイカで作った魚醤が
一番ここが安かったので買いました。
本日の予算はオーバー!
もうすぐ宿。
珠洲ビーチホテルが今日の宿です。

ホテルはバベルの塔みたいな外観。
中も綺麗。温泉も近くにあるらしい。
行こう。

で、食事もまずまず。
お風呂は大浴場は明日にして近所の元気の湯という
ナトリウム温泉とロッキーサウナで
癒されました。
のんびりと夜を過ごしてニュースを見ていると、
地元関東も毎年行ってきた北海道も
台風で大荒れの様子。
どちらからも逃げた私は偉い、と
少し褒めるのでした、
とはいえ、被害に遭われた皆さんには
申し訳ありません。

明日は、能登半島の輪島側から
金沢に南下します。
posted by 大ねこ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行4

のとじま水族館はジンベエザメがウリで
クラゲと光のコラボとかもありました。
1850円は、高い
が、場所柄仕方ないか?
道の駅ロマン峠向かう道で
能登島を出ます。
行きの能登島大橋も帰りのツインブリッジも
綺麗です。

ロマン峠で石川産塩サイダー飲んで
出ると、あのいい天気が
雲ってきました。
能登里山海道に入り、
16時までの道の駅桜峠、間に合うでしょうか?
今現在15時です。

海道が終わり、能登空港が至近。
近くには航空高校とか航空大学とか
あって、この無料高速は飛行機のために
あることを認識しました。
道の駅能登空港もありましたけど、
知らなかった。残念。スルーです。

天気も回復。カッと太陽がまた照りつけています。

いやいや、小さいからといって侮るなかれ。
今日一番の道の駅は桜峠。
17時まででした。良かった!
カレーパンを長く伸ばしたかれいぱん、
300円ですが、美味い‼︎
深層水で淹れたコーヒーとの相性バツグン。
さらにお土産に地元の高校や地元の産業で
作った無添加の絶対美味いジャム
4瓶も買っちゃいました。
道の駅のお手本。
巨大化か寂れかの間にあるちょうどいい感じの
かくあれかし、という道の駅でした。
posted by 大ねこ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行3

のとじま水族館はジンベエザメがウリで
クラゲと光のコラボとかもありました。
1850円は、高い
が、場所柄仕方ないか?
道の駅ロマン峠向かう道で
能登島を出ます。
行きの能登島大橋も帰りのツインブリッジも
綺麗です。

ロマン峠で石川産塩サイダー飲んで
出ると、あのいい天気が
雲ってきました。
能登里山海道に入り、
16時までの道の駅桜峠、間に合うでしょうか?
今現在15時です。
posted by 大ねこ at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行2

道の駅いおりは、トイレ休憩のみ。
狭かった。
トイレの個室にバッタがいました。
能登路の入り口。国道160号線北上。

次は道の駅能登食祭市場。
ここは大きい。

下手な写真、撮ってみた。
能登島臨む風景。
暑いけど30度。直射日光だからだよね。
ツアー客や買い物客で混むその手の道の駅でした。
以上。

能登島に入り、のとじま水族館へ。
posted by 大ねこ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行1

富山・石川旅行
朝地元始発バス乗り、大宮駅からの
かがやき新幹線富山で下車。
トヨタレンタカーの場所まで歩く。
暑い。
路面電車が可愛い。
道も広い。それ以上にムダなスペースが多い。
8号線にのって、道の駅氷見目指す。
途中、呉羽という場所に左折すればいいらしい
こと発見。あのクレラップだよね。
興味深いけど。能登の北端まで行かないと
約束の宿に行けないのでガマン。
160号線にぶつかる。
魚魚座という交流館、300円入館料!
パス。

道の駅氷見は一大ショッピングセンター&食事街。
やや全体に高いので、
フードコートで寿司パックと煮干しラーメン。
サザエとカマス寿司、トロ巻。
海の街らしく美味しかった。

富山を出て、一路能登路へ。
次は道の駅いおり。
posted by 大ねこ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

中井英夫「虚無への供物」(講談社文庫)

オリンピック、賑やかです。
天皇の生前退位、人間として、か
象徴天皇として、か、悩ましいところです。
高校野球、見ちゃいます。
この夏は、ニュースにこと欠かない。

今日も銀座。
バッグ欲しくて行きました。
東急プラザ、ギンザ5、インズ、
三越まで回って、安くていいのGET。
その代わり、昼飯はサブウェイ。

やっと読み終わった。
長い。分厚い。内容もグヌヌ。
ウィキペディアやブログでの感想は一杯
出ているので、ググって下さい。
三大奇書、の一つらしいです。
アンチミステリー、という範疇らしいです。

推理探偵気取った姉ちゃんやおっさん、
ワトソン役の主人公らしき亜利生中心に語られる
ザ・ヒヌマ・マーダーケースの物語。
とにかくペダンティック。
青い薔薇、黄色い薔薇、シャンソン、ジャズ、アイヌ譚、
五色不動、
(目黒、目白、目赤、目青、目黄)
密室殺人、麻雀、ゲイバー、色彩学、
(氷沼蒼司、紅司、藍司、黄司、ですぜー)
昭和30年の世相
(洞爺丸沈没が大きなファクター)
東京のさまざまな土地柄
(三ノ輪、上野、浅草、目白、神楽坂、九段、等々)
古今東西の有名推理小説
(乱歩、クリスティ、ルルー、ポー等々)
出るわ出るわ。
殺人事件を巡り好き勝手な推理展開からの、
暗示的な放火事件、関係者のさらなる殺人、
これでもかと怪しさ妖しさテンコ盛り。
推理の馬鹿らしさや疑うことにさえ疲れる半ば、
まだまだ続くこんな疑いあんな出来事。
最後は、😩ハアー?という結末。
いや、ハアーっていうのは、呆れたんじゃなくて、
そーかそーか、だからアンチミステリーなのか、という
感心デス。
面白く読みました。
ていうか、有名推理小説読んでおかないとキツイ。
これでも、20代には創元文庫とハヤカワ文庫、読みまくり
アガサ・クリスティはほぼ全巻読破!
でもまあ、ほぼ忘れていますけど。
ただ、推理小説のパターンや仕組みはわかっていますから
この小説の言いたいキモは伝わっています。

よく書いたよねえ。
このエネルギーはすごい。
寺山修司を見いだし、三島由紀夫とも少なからず親交があり
薔薇と黒鳥を愛しんでいたらしい。
忌日を黒鳥忌という辺り
澁澤龍彦もビックリ、くらいの存在だったんでしょう。
たくさん読んできた私ですが、
まだまだ知らないことがいっぱいあります。
posted by 大ねこ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする