2017年03月14日

小林信彦「アイドル女優に乾杯」(文春文庫)

2013年週刊文春に掲載されたエッセイ集。
本音を申せばシリーズの10巻目。
小林さんの韜晦的文章は大好きです。
しかし、内容で「分かる!」と膝を打てるのは
真木よう子の良さ絶賛(「さよなら渓谷」など)と
ヒッチコックのくだりと、スティーブン・キング位。
「あまちゃん」はあれだけ流行ったけど
全く見てないです。小林さんはクドカン絶賛。
そこは同感しますが、モノを見てないから
何も言えないです。
洋画の小林さんお気に入り女優は
名前くらいは分かっても、見てないからなぁ〜。
小林さんの映画通は半端ないですから。
小林節に酔って気持ちよくなったという
あたりで感想は勘弁していただきますね。
posted by 大ねこ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする