2017年07月08日

能町みね子「逃北〜疲れたときは、北に逃げます」(文春文庫)

小ねこの彼氏さんが、また上京。
お友達のお芝居見に来た。
もちろん小ねこに会いに。
今日は御茶ノ水からの神保町案内。
水道橋いく方向にある炒飯屋でたっぷりお昼。
さぼうるが満席なのでラドリオでお茶。
古本屋少し周り、二人はお芝居へ。
その道中で読み終えました。

北は、私も大好きで
筆者が訪れた稚内や青森の野辺地からの行程は
私も周りました。
圧巻はアイスランドからのグリーンランド。
これはすごい。
お母さんは小樽出身。おばあさんは宮城出身。
北の血が騒ぐんでしょうね。
私はそういうことはないので
北への思いの熱さは筆者がうんと上。
ふと呟くこの一節。
茨城で育ち東大に進学、東京で生きる彼女が、
➖運よくここで仕事を得て生活はできているけれど、
なんとなく上京してなんとなく生きている私が
こんな忙しい場所に居つづけて、そして稚内の
マスターに「東京の人」なんて呼ばれるように
なっちゃって、これでいいのか、と
空しくなる夜がある。

ここはわかる。

今年の夏の旅行は久々の東北復帰。
岩手からの青森経由で秋田、花巻戻る
周遊旅行、500キロの旅です、
能町さんは車運転なしのバスと電車。
中ねこのおかげで我が家は大きくまわれます。
その日まで後一カ月。
頑張ります。
posted by 大ねこ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする