2012年12月17日

選挙結果。

第46回衆議院選挙は自民圧勝。
維新やや躍進。
公明は、まあ、くっついてくる政党だからな。
この投票率ならこんなもんでしょう。
そして小選挙区制だったらこうなるでしょう。
メディアもその程度でしょうね。

企業やパー券に代表される組織が投票して
ニュースのあり方や新聞の煽り方を見ていれば
こうならざるを得ないでしょう。

だから。無党派と言われる若者が動かなきゃダメなんだ。
そして。さっさと小選挙区を廃止して
(そもそもコレも自民党が提唱して推進したんだぜ)
中選挙区制に戻さないとなあ。

反原発よりも景気か。
反TPPよりも景気なのか。
何故そんなに目先なんだろう。
景気なんて回復するわけ無いと思うよ。
小さな「売れ」はあっても高度成長なんてもうありえない。
だって何がそんなにまだ欲しい?
CDは音楽配信に代わり
ゲームソフトはネットに代わる。
見えないものを買う時代だよ。
断捨離がはやり、1ルームに住む若者が急増だよ。
そもそも若者が自立できず独立できない時代だよ。
農業はただでさえ面倒くさくてくさくて汚いから
避けて通るのに、まだ外国依存を続ける方向で行くの?
農業推進や手作りのモノを推進しなきゃ
何もかもが消えゆき、ゴミとプライドだけが残る時代だよ。

それなのに憲法改正を謳う党や近隣の国と
衝突したがる党がいいのかね。
歩み寄ったり擦り合わせたり、
分かり合う時代じゃないのかね。

まだ大時代な「復興再興行くぜ成長」なのかね。
足元のフクシマ、何とかしようよ。
儲からなくていいからさ。生活しようよ。
そりゃ民主党もダメよ。いい加減すぎた。
どっちつかずでね。曖昧だったね。
社民党も共産党も言ってることはいいけど
固いよね、確かに。
みんなの党もうさんくさいしね。
新党大地とか新党日本とかうねりにはなりにくいよな。
未来の党だっけ、あれもこれからの動きは見たいよね。
でも小沢さんのよさもあるけど、やや大時代だわな。

わかる。どこも信じ切れない。
右翼は右翼で儲けるし
左翼は左翼で出所があるし。
古来政治屋ってそういうものだから。
儲かるからなるんだよね。いい大人が頭下げてさ。

中にはそうじゃな人もいるよ。
その人がどこにいるか、ダメよりいいだろう人が誰か
見抜く力だろうね。
友だちとかもそうじゃん。
絶対親友なんて、ほんの数人じゃん。
私の場合、それは自民じゃないって話。
もちろん維新でもないさ。

世の中の人の選択が間違っていた、とも言わない。
一人ひとりの選択にいちゃもんなんかつけないよ。
たださ。
責任持とう。みんな。
原発は必ず地震が起きる日本じゃ危ないんだよ。
農業潰れたら国は滅ぶんだよ。
教育を画一化したり教師を縛りつけるときに戦争は起きるよ。
これは歴史が教えた真実。
好き嫌いじゃなくて事実。
そのことだけは「まあいいじゃん」ではすまないから。
死ぬから。
滅びるから。
私たちの脳みそと心臓は
滅ぶために生れたんじゃない。
動物でさえ、種の保存にいのちを賭ける。
私たちは火と言語と道具を手に入れたヒトなんだから。

こんな選挙結果に一喜一憂していられない。

先日学校で6年生に読み聞かせた本が
井上ひさし著武田美穂絵「けんぽうのはなし」。
何故憲法が必要で、何故日本国憲法が優れているか
見事に平易に書き著した本。
いいよ。
国会議員必読書だな。

たった一人でも戦争に送らない。
そのためにもう少し頑張る。
あまりに小さい私だけど、やってみる。
いのちがあるなら。心臓が動くなら。
ムカつく学校だけど、今度の都知事も好き放題学校を
荒らすであろうけど、
私は今ここに居て、表現の自由がある限り
選挙結果なんぞに左右されず
フクシマを語り、原爆を教え、湾岸戦争を伝え、
日本国憲法の美しさを語り、自由の意味を教え、
自己決定の辛さと面白さを一緒にやっていく。

負けるもんか。
posted by 大ねこ at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この文章をもっとたくさんの人に読んでもらいたいですね。
なんかもう、全部です。
すべて?
根っこ。
そう、景気が回復(そもそも回復って何)しても私は金ないよ。
金がなくても、日本の野菜が食べたいです。
Posted by 麻由美 at 2012年12月18日 13:47
いつもありがとう!
久々に熱く語っちまった。
伝えたい。
本当はもっときちんとした言葉で。
でもたった一人でも伝わったことが分かったから、今はとても嬉しい。
Posted by 大ねこ at 2012年12月18日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック