2016年05月03日

東京下町?めぐり。

超近場ですが、一応旅日記で。

朝6:50、中ねこの車で出発。
首都高は混みそうなので下の道で。
8:00過ぎに無事第一の目的地、築地到着。
テリー伊藤さんの実家の卵焼き買い
朝ごはんを食べる為にどこのお店に行くか
いろいろ悩みましたが
安さと雰囲気で「たねいち」へ。
賄い丼が700円。
いろいろ入っていてとても美味しかった。
小ねこはマグロ丼、中ねこはあぶり4種盛り丼。
それぞれ800円、900円。
1000円2000円当たり前の周囲で
私はよかったと思います。

だんだん人も増えてきたので
鰹節専門店でかつおは買わず
裂きイカとごぼうせんべいを買って退散。

第2の目的地は月島。
商店街はあれどほぼウリはもんじゃのみ。
ま、月島といえばもんじゃだからか。
でも、もう少しウリはほしいかな、と。
10時過ぎの段階で開いていて値段が明瞭な
「風月」に入店。
ふつうのもんじゃと紅ショウガもんじゃを注文。
正直に言います。
私、もんじゃ焼き初体験です。
愛知育ちで関西寄りの文化の中、
もんじゃなんてゲ○みたい、と酷評の文化の中に
育ちましたんで(すみません)、
どんなもんかと不安でしたが、
東京育ちの小ねこは美味いに決まっていると主張。
焼き方をお店の人に習い
はじめの普通のもんじゃは焼いていただき
紅ショウガのほうは、焼いてみました。
・・・・・・。
いや、悪くなかったです。
しかし、ご飯の代わりにならない。
酒のつまみ、おしゃべりのお茶受け的な。
けれど、3人でつるりと完食。

他に買うものも遊ぶものもなかったので
第3目的地、佃島に移動。
ここはいわずと知れた陸の孤島。
周囲はウオーターフロントの巨大ビルと巨大マンション。
ここ佃島住吉神社の一画だけ
昔のお江戸の風情を残したまさに
「小さなおうち」状態の場所。
することは佃煮を買うことのみ。
天安、少々お高い。
海苔のみ購入。205円。よし。
丸久で昆布、469円。
田中屋でセット(昆布、あみ、しらす)1180円。
隠れ家的なつくしん(佃信、と書くらしい)セット
(昆布、あみ、あさり)1000円。
お店としては「つくしん」さんが一番感じよかった。
味は、これから夕飯で確かめます。

ちなみに駐車料金はここ佃島が一番高かった。

第4の目的地、深川へ。
今は門前仲町界隈と言ったほうがいいのかな。
亀戸の大根饅頭「升本」210円しか買ってない。
(大根饅頭はうまかった)
他は、それほどそそられるものなし。
きっと人を呼ぶようになって
ちょっと街の雰囲気も変わったのでは、と思います。
深川丼の店もあり、行列をなしていましたが
行列に興味のないわれわれはパスです。

第5の目的地は、人形町。
水天宮で車を止めて歩きました。
森乃園のほうじ茶のいい香りに誘われます。
私はほうじ茶はあまり好きではないので
買いませんが、小ねこはほうじ茶ソフト300円を所望。
え〜〜〜?と思いつつ一口いただくと
なんと、美味しい。
ほうじ茶の風味がアイスの味に勝っていました。
卵丼のたまひでさんは長蛇の列で。
人形焼のお店も人で一杯。
それらをパスして三原堂、
どら焼き(生地に醤油が入っている!)と
みたらしを買って終わろうとしたところ
大好きな酒悦のお店発見。
上野しか知らなかったのでよし!とばかりに
お漬物やおだしを購入。
人形町卒業。

終わって帰るのには少し早めだったので
帰り道寄れそうな、そして歩いたことがない街、
早稲田に寄りました。
古本屋さんも結構閉まっていましたが
何軒か開いていたので物色。
谷書店が私にはピカイチ。
3冊購入しました。
早稲田の街は高田馬場までつながっていますが
ちょっと疲れていたしお金も底をついてきたので
馬場口で探索終了。
高田馬場方面は次回JRで行きましょう。

東京はどの場所も密集しているのに
それぞれの顔があって本当に面白い。
まだまだありそうです。
駐車料金はいたいけど、
電車だとあれこれ乗り換えるので
今回は良しとしたいと思います。

posted by 大ねこ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437484682
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック