2016年05月27日

オバマ大統領、広島訪問によせて。

明日が運動会でぐったりしている最中、
ニュースでオバマさんが今日広島に
50分間滞在されたことを拝見。
17分間の演説的所感。
この内容は温かく、よかった。
自分の言葉で思いを発信されていた。
しかし、
10分間の原爆資料館入館。
こりゃ短すぎ。
何を見たんだ?
残念だ。
演説の跡に被爆者の方と語り
握手し、抱き合った。
パフォーマンスとして大成功だし
伝わるものを感じた。

意味そのものは深くないかもしれない。
でも
被爆国と被爆させた側が
一堂に会したことには深い意味がある。

けど、演説は「理想」という言葉が多すぎた。
理想ではなく、現実にしなくてはならない。
そもそも原発、いらない。
沖縄の米兵関係者の事件だって
本来日米安保に端を発している。
まだまだ、本音ではないし
まだまだ日本側が要求しなくてはならないし
日本そのものも行動を起こさなくてはいけない。
そのための本当の始めの一歩。
これから本気で核廃絶していく。
だって、でも、は
いらないよ。
ねえアベさん。

posted by 大ねこ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック