2016年12月17日

柳家三三、柳亭左龍二人会 内幸町ホール

内幸町ホールって
夜暗い時、大変見つけにくいところです。
三三左龍の二人会。
二度目の参加です。
三三さんは一体いくつ噺を覚えているんでしょうね。
今が一番勉強しどきなんでしょうが
その熱心さにほだされますよ。
左龍さんも大器の予感の香りあり、
互いの研鑽の場でもあるんでしょうね。

前座小多け 手紙無筆
声が良い人です。
腕はまだまだですが、いい感じです。

三三 権助提灯
本宅とお妾宅を飯炊き権助と行ったり来たりの
馬鹿らしさ、「提灯もう要らねえ。夜が明けた」
冬にぴったりです。
権助と女性二人と主人の演じ分けが見事。

左龍 代書屋
内容が内容だけに大笑いを呼んでました。
お馬鹿な履歴書依頼人と
知ったかぶって代書する代書屋の
演じ分けが、これまた見事。
大仰な演技が笑いを誘います。

中入り

左龍 鈴ヶ森
一瞬「出来心」かと。初めて聴きます。
泥棒の滑稽噺。
人物の描き分け、上手です
馬鹿らしくて吹き出す笑いの類です。
元ネタの代書屋とはかけ離れたものかも。
1人の履歴書を書き続けて
最後にこの話は本当か?と問う代書屋に
嘘だと思うならこの履歴書を見ろ、
というオチでした。

三三 安兵衛道場破り
元ネタは浪曲。落語で検索しても
ヒットしない。
三三のオリジナル?
いやあ、面白い。引き込まれました。
12月忠臣蔵の季節、赤穂浪士ものの
スピンオフ的笑い噺でした。
堀部安兵衛がまだ浪人で
越後から江戸に出てきた頃の話。
堀部安兵衛は浅草で巾着切りにあい一文無し。
宿屋の主人は日に一斗飲む
安兵衛にびっくりしながらも嫌いじゃない。
道場破りで「わらじ銭」を得られる面白さで
マネージャーをかって出た主人、
嫌がりもせず道場破りに行く安兵衛が可愛い。
結局お尋ね者状態になり稼ぎが止まり
仕方ない「面倒(面・胴)はごめんだ」
笑いました。
ていうか、三三節に完全に取り込まれました。
ああ、そうだ、これだった、
私が三三好きになったのは。
いろいろ噺聴いてきて
三三以外にもいっぱいご贔屓できて
三三じゃなくてもいいんじゃない?って
思い始めていましたけど、やっぱり三三。
声にハリも出てきています。
語りのパターンは見えてしまう部分もあるけど、
それは好きな漫才師のお決まりフレーズみたいなもので
来た来た〜!と楽しみになります。

いやあ、よかった。
正統派、なんでしょう。安定感とも。
それゆえの心地よさに笑みが止まりません。
三三最高。
左龍も応援します。

ちなみにホールは
地下鉄ホーム直結の道ありました。
これなら迷わす行けます。
posted by 大ねこ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444978674
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック