2016年12月23日

立川志らく独演会 よみうりホール

2日連続落語会。イエーイ!
一応冬休みに入ったと言うことで。
そして今年最後の落語会でもあります。

タイトルも、まんま。
「今年最後の立川志らく独演会」
芝浜こだわりの会で
談志の直系と言う自負のもと、
現代に通じる芝浜を構築し
トータルで演じる、を目的とした
会になると予見します。
芝居、映画にも造詣深く
頭が良い役者兼脚本家兼監督兼
プロデューサーであろう彼なら
狂気を秘めつつ
ただの人情噺ではない芝浜にすると
期待しての幕前であります。

私は知りませんでしたが
かつて談志存命の頃は、ここよみうりホールで
「芝浜」を毎年演じていたとのこと。
その遺志を彼が汲んだと言うことでしょうね。

前座がじら。
時そば。
なかなかいい声の二つ目。

「芝浜 後日の噺」、親子酒。
つまりは、酒でダメダメになる親子。
勝五郎は、結局酒飲んでるってこと。
ここで酒の象徴を描きました。

「芝浜 以前の噺」、天狗裁き。
なるほど、夢の話でとんでもないめに
あわされる話で、最後に女房に揺り起こされる。
布石として
42両も金子を海に投げ入れるくだりも
仕込みましたね、志らく師匠。
こちらは夢の象徴。

中入り

「芝浜」
たっぷり。
ラストの女房のネタばらしのくだり、
畳み掛けてきました。
勝五郎は事情がわかるにつれ
この女房が自分の嬶でよかったと
心底思ったことでしょう。
その気持ちが痛いほど伝わる演技力でした。
女房がどれだけ勝五郎が好きで
ただただ彼の魚屋稼業が好きで
だからこの話が成立しているか
全く無理なく伝わりました。
過去に馬鹿な夢事件があって
それは自分のせいで
今は「夢になっちゃいけねえ」ってやめた酒を
大きな店を構えてから息子と大虎になって
酒を飲み始める勝五郎の全てを許す
この女房の物語なんだ、という設定。

なんだかね、愛の物語にしましたね。

いいなあ。
私は談志の噺を知らないから
なんの解説もできないけど
年末、年の瀬、今年最後の落語として
いい噺が聴けてよかった、と
嬉しく思い、ホールを後にしました。
posted by 大ねこ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445179571
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック