2016年12月30日

映画「蘭丸 神の舌を持つ男」 堤幸彦監督

松竹系のチケットが31日で有効期限なので
見るものなくて困って
究極の選択で決めました。

見ました。
笑えましたが、飽きました。
壮大な俳優とロケ費の無駄遣いです。
TVで十分。
TVでも好んで見てはいないし。
佐藤二郎さんを見に行って納得、
それだけの映画でした。
横溝作品のパロディに近いのでしょうが、
ウーン、微妙でした。
そもそも向井理さん、好きじゃないし。
水を巡る攻防もイマイチ納得できないし。
蘭丸とリンさんが姉弟っていうのも安直だしね〜。
最後の方は眠かったです。
posted by 大ねこ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック