2017年02月16日

マツコ・デラックス「デラックスじゃない」(双葉文庫)

マツコさん大好きでーす。
本書読み、一層好きになりました。
以下、彼女の語録。本書より。

だって、所詮オカマだよ。女装だよ。デブだよ。
こういうところは、忘れちゃいけないと
思ってるの。

オカマは、いい言い方をすれば中立、
悪い言い方をすれば、仲間外れ。

アウトはグッドの裏返し。
この世に捨てるゴミはなし。

アタシ、何を手に入れても満足できなかったし、
幸福感も分からなかった。

紅白は、「こんな変なもの、観られてよかったね」
とか「こんなの、普通の低予算の番組では
観られないよね」ってモノを観せてくれれば
それでいいのよ。

AKBはダメ、ハロプロは良い。

コンプレックスから、歪んだジェラシーが
生まれるわけ。

記者クラブ制度で、政治家にぶら下がっている人たち
って、特権階級意識。
そうやって同化して、権力側に
魂を抜かれてしまうのよね。

ネットっていろんな産業の芽を摘んで
しまうだけじゃなくて、
個人個人の「志」という芽も
摘んでしまう気がするのよね。

テレビの昔の9時台が今は11時台なのよ。

ユーモアがあり賢いし、
モラリストだと思います。
自分を知り、分相応を知っている。
好きです。
彼女のテレビは大抵観ています。
安心感であり、笑い飛ばせるからです。
いつもいい人だなあと
感心し、尊敬して観ています。

posted by 大ねこ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447065896
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック