2017年02月22日

能町みね子「オカマだけどOLやってます。完全版」(文春文庫)

能町さん大好きでーす。
久保みねヒャダ、結構見ています。
ライブにも行ったしね。

この本は、まだ手術前に
格好は女になって、会社の人も男だと
知らず知らせずにOLやってた頃の
blog上の書き込みをキチンと仕上げた本。
チン子が邪魔で、すごく男が好きな訳でもない。
ただ男性でいることが嫌だった時代。
オカマという蔑称をあえて使う感覚は
マツコさんと同じ。

人として両者ともに非常にまっとう。
能町さんに至っては東大ですから
インテリでもあります。
ここでは笑い話として軽く書かれているけど
実際は、多く悩まれたとお察しします。
性同一性障害という病名も好きじゃない。
わかります。
ただ病名がついた方が便利なことも多いんでしょう。
みんな違ってみんないいんですね。
そういう受け入れを今後もしっかりしていきたい。
こういう人たちがカミングアウトして
自分を卑下してメッセージを送ることに
強く共感していきたいと思います。


先日東京都北部で起きた連続放火事件の
犠牲者が、うちのクラスのお子さんの家でした。
命は無事で、本当に良かった。
しかし憤りは止まりません。
早く逮捕して欲しいです。
金某氏の殺人事件もずっと世を賑わせていますが、
わかりきった肉親同士の骨肉の争い、
前時代的な世襲のテーマに
違和感と愚かさを感じる日々です。
posted by 大ねこ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447256141
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック