2017年05月05日

鈴本演芸場 柳家権太楼祭 中日。

鈴本演芸場 権太楼祭。中日です。

柳家我太郎 金明竹
滑舌イマイチで
肝心の早口言い立てが聞き取りにくかった。

粋曲 柳家小菊 色っぽい。

金原亭馬玉 ざるや
明るく楽しめました。

市馬 普通の袴
さすがのいい声。内容は抑えてました。

ホンキートンク 楽しい漫才。

さん喬 天狗裁き
いいなあ〜。ググッと短くまとめていますが
表情で笑わせます。紫綬褒章おめでとうございます。

春風亭一朝 片棒
さすが一之輔師匠、動きがある。
どの部分を切り取っても面白い。
次男のくだりで終了。

中入り

翁家社中 曲芸

柳家甚語楼 町の若い衆。
くだらない噺で次の大トリに繋げる。

紙切り正楽。相変わらずお見事。
ため息と拍手しかない。

大トリ 権太楼 らくだ
70歳ですよ。元気一杯演じてくださいました。
不条理と人間のいやらしさが満載ネタを
かんかんのうはサクッと終わらせ
(そりゃ年考えたら踊りはシンドイ)
屑屋の酒飲んでの変貌に重点を置いて
屑屋の人生、らくだの酷さに迫り
焼き場=火屋へ行くくだりから一気に畳み掛け
願人坊主からサゲの火屋=冷や、へ
無駄なく分かり易く落ちました。
落語素人の小ねこと彼氏もわかったようなので
ここはさすがのらくだだったと言えます。
前半の不条理と、後半のドタバタが
違和感なく気持ちよく聴けたのは
権太楼師匠の巧さというべきでしょう。

ちなみに中入りの時に喫煙所付近にいたら
権太楼師匠が私服で楽屋入りする所
見ました。ラッキー。
緑色の上着に薄手のマフラー、
オシャレでしたよ。

鈴本の前には
浅草からの合羽橋商店街ねこ散歩。
この3日間よく歩きました。
東京は飽きない街です。
posted by 大ねこ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック