2017年06月29日

左龍、三三二人会 鈴本演芸場

鈴本での左龍、三三の二人会。
いいですね。鈴本、安心します。
御徒町で降りて、松坂屋地下の
ほっぺタウンで夕食仕入れます。
鈴本に行くときのお決まりコース。
今日はシラスと大葉の冷製パスタと
深川飯のおこげ。
これだけでルンルン。
約一カ月ぶりの落語で気分は上々。


前座ー元犬
桃月庵さんちのひしもち君。
声は良かったな。

左龍ー名刀捨丸
田舎から、田畑で働く両親のために江戸に出て、
三年働き20両得て田舎に帰る途中、
泥棒の家で嫁に匿われていたものの
ひどい仕打ちの泥棒に腹を立てて
出てきた上、20両もくれてやる
お人好しで働き者のジサブロー。
泥棒の家にあった獣避けに手にした刀が
なんと名刀。50両で売れて
再度田舎に戻るが、お人好しは嫁を案じて
泥棒の家に。
実はその泥棒はジサブローの兄。
恥じて自害する兄、嫁とともに
田舎に戻るジサブロー。
泣けた。

三三ー藁人形
恨みつらみの西念と
女郎お熊、甥っ子のジンキチ。
いい味でした。
人の想い、その人の見えない過去、
いろいろ忖度したくなる話。

中入り

三三ー反対俥
元気!笑えた。
好きだ。この噺。

左龍ー佃祭
いつか聞きたい噺でした。
今年佃祭は三年に一度の大祭なんですって。
かけてくださってありがとう、左龍さん。
昔人助けした旦那が
佃の渡しの沈没に遭わずにすんだのは
そのときの女の子が佃に嫁入りしていて
袖を引っ張ってくれたおかげ。
情けは人の為ならず。
人情噺の一方で
旦那の店では旦那が死んだと大騒ぎの
くだりは笑える仕組み。
よく出来た良い噺。

今日は三三さんは二番手に徹し、
左龍さんを立てましたね。
左龍さんのうまさ、際立ちました。
時折セリフを噛む癖はありますが、
さすがさん喬門下、人情系に強い。
何度もホロリとさせていただきました。

まして、こんな政治、内閣の堕落の中、
正しいことを見失いそうな日々、
敢えての人間臭い噺のオンパレード。
かっこいいです。二人とも。
好きです、二人とも。
落語の力、上質な笑いの力に
毎日のくだらなすぎるニュースに
辟易してる身でしたけど
癒されましたし、元気が出ました。
明日、子供達に、また明るく出来そうです。
今の落語界は、本当に良い。
また絶対聴きに行こう。
posted by 大ねこ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451357484
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック