2018年05月17日

J亭スピンオフ企画 白酒、三三二人会

j亭スピンオフ企画 白酒、三三、一之輔
隔月替わり大手町二人会、と長い企画、
やっと参加できました。
大人気三人ですものね。
贅沢な企画、サンケイの力ってやつだ。
サンケイは新聞は右翼っぽく政権擦り寄り系で
嫌いですが、文化面はなかなか。
すみません、お世話になります、っていう
感じです。

今日は三三と白酒。
好きだわ。

前座桃月庵家の惣領弟子の「代脈」
喋りは安定。内容はイマイチな噺。
白酒の「馬の田楽」
小三治師匠のまったりしたノリではなく
テンポの良い歯切れの良い語りで
でも、田舎の風景が目に浮かぶ
楽しい可愛い噺に仕上がっていました。
三三の「三枚起請」
何度か聴いていますが、好きです。
三人三様の男たちの特徴が面白いし
喜瀬川(この字じゃなかったらすみません。
でも私的にこの字がいいです)の
デタラメっぷりも遊郭で生き残る女の
したたかさと受け取れば嫌いじゃない。
むしろいい女感あります。
ていうか、三三のお女郎は最高。

中入り。

すでに8時40分。
熱い会だ。

三三は軽めな「道具や」
しかも短いバージョン。
正蔵でさげちゃった。
白酒は「笠碁」
楽しかった。でも、これは柳家系がいい。
味わいとか哀愁を感じませんでした。
ただの碁好きなおっさんがいて
江戸情緒はなかった。
庶民的といえばそんな感じ。

ということで今日のベストは
田舎感の愛らしさ溢れる「馬の田楽」。
posted by 大ねこ at 21:55| Comment(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]