2018年05月20日

中村祐介展覧会、連続する訃報

岸井成格さんの訃報には叫びました。
15日に亡くなられた。
「サンデーモーニング」が好きな理由の一つが
岸井さんの存在でした。
井上ひさし言う所の
「難しいことをやさしく」の精神で
話される真っ当なお話が好きでした。
一度ガンと闘う姿で出演されたとき
もしかしたら回復されないのか、と
不安にもなりました。
その時が来たんだなと今は思います。
本当に惜しい方です。

続けての西城秀樹さん、星由里子さん、朝丘雪路さん、
有名人だけでも立て続けに。
そして隣のクラスの男子児童のお父さんが
ガンで亡くなられたと同僚から。
そういう時なんでしょうか。
まだ6歳のお父さんの死って。
私は母を9つで亡くしました。
もっと衝撃なのか、それとも幼いからこそ
多少は救われるものなのか。

そんな中、ずっと応援している中村祐介さんの
個展、というか足跡展覧会が
池袋パルコで開催されてて終了ギリギリの
昨日、やっと行ってきました。
どの絵も見覚えのあるもの。
中には初期作品があって
色の使い方や表情が今と違い
やや憂鬱、アンニュイが強く私は
そちらの方が好感が持てたりしてました。

アジカンのジャケットに惹かれたことがきっかけで
ブログにお返事書いたり講演会でお話したりして
ただのファンという以上に近しいものを
感じていました。
しかし、今回の展覧会で、
ああ、もう売れっ子になって遠い人になっちゃったんだな、
と実感しました。
絵に対する情熱や工夫、商業主義への良い意味での迎合、
マーケティングへのあくなきリサーチ力、
どれもこれからも伸びていく才能を感じました。

だから私と小ねこは気持ち的には
中村祐介さんとの訣別を感じて帰ってきたわけです。

今ももちろん大好きです。

ということで、
別れ、を感じたちょっぴら切ない
一週間でした。
posted by 大ねこ at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]