2018年06月13日

柳家三三 月例会 イイノホール

三三、定例月例会。イイノホール。
なかなかチケット入手困難な中、
ゲットできてハッピー。
入梅の気象庁発表必要かしら、の
話題からの「五目講釈」
初めて聴く噺ですが、面白かった。
これはまず、講談好きの噺家じゃないと無理。
立て板に水のごとく講談を語る上、
その講談そのものがしっちゃかめっちゃかの
講談パロディになっている。
これを全て頭に入れて滔々と語る三三師匠は
やはり只者ではない。
有名どころは志ん生師匠らしい。
埋もれた噺かもです。

二席目は「三人旅」
これは旅物でむしろ他愛ない噺。

中入り。

柳亭市弥、市馬の弟子。
夢の酒市?というような夢噺。
うーむ。でした。
ダレてしまった。
間の取り方など細かな呼吸が
ズレる感じが否めない。

その後の三三、「佐々木政談」
心ある南町奉行所の佐々木が
町で見初めた桶屋の息子シロキチ。
奉行所ゴッコで見事な裁きを見て
才能を試す噺。
一種の一休さん問答みたいな子供主役の
愛らしい噺だけど
いつの時代にもある大人の愚かさを
一刀両断する小気味よさを併せ持つ噺。
最後の方で緊張が解けて泣き出すシロキチが
めちゃくちゃ可愛い。
三三師匠の年増女の仕草が好きで
そもそもファンになったんですけど
ここに来て子役も秀逸で
こりゃもう追っかけ続けるしかないという
今夜の結論です。

しかしこのイイノホール独演会で
かける噺は本当に良い。
やはり力、入っていますネ。
posted by 大ねこ at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]