2018年08月12日

柳家小三治独演会 よみうりホール

数年ぶりの大師匠独演会。
待ってました!
と言いつつ、不安半分期待半分。
歳を重ねて往年に味わいが減っているのでは、
という危惧と
いやいや小三治師匠に限って
左様なことはあるまいて、
という高揚感とのせめぎ合い。
池袋演芸場で8月上席トリっていうのも
知ってて行こうか迷っていました。
グズグズしているうちに行かずじまい。
長蛇の列座席なしは必至だとも
思ったせいもあり、今日のチケット
すでに握っていた強みもあり、の
結果でもあります。
先週の三三と同じよみうりホール。

前座も真打、三之助「棒鱈」
うまいです。
教科書通りのキッチリした話し方。
何度も笑った。

待ってました!の掛け声に
待たなくていい、と切り返す、
健在!
NHKの「新風土記」が好き、ビデオ撮りの
話からの映画「愛を読む人」の素晴らしさ
解説、見事。観たくなりました。
自分が童貞喪失したのは21とか
流暢にマクラを語るところからの
「船徳」
えー、先週三三イマイチだったヤツ。
期待せずに聴き始め、
何ということでしょう。
うまい。
うますぎる!
若旦那の櫓を漕ぐ仕草のヘタレ加減が
絶妙。
豊かな表情に的を射たそれぞれの言い回し、
全てバランスよくはいごうされ
聴く方観る方は
笑うしかなかった。

気づけば中入りが、予定終了時刻30分前。
中入り入って残り10分。
何をトリネタにするんだろう。

思った通り「小言念仏」。イエイ!
あれですね、ミュージシャンでいうと
大ヒット曲聴く感じ。
ドジョウぶち込むあたり絶品。
最高でした。

聴く前の杞憂は完全に吹き飛びました。
小三治師匠健在。
まだまだイケます。
やはり賢い人は老いない。
多趣味な人は老いない。
人生のお手本ですね。
三三師匠、まだまだですよ。
ステキな師匠につきましたね。
私も二人の姿を追って頑張ってみようと思います。
posted by 大ねこ at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]