2018年08月24日

柳家三三 月例独演会 イイノホール

三三定例の独演会。
さすがに、さいたま新都心から霞ヶ関、
映画の後駆けつけてギリギリセーフ。
よし、次は三三だ!と座り直す。

「猫の皿」。
サクッと1席というノリ。
続いて
「突き落とし」。
吉原に一文無しで17人の長屋の若者が
繰り出し、無銭で遊ぶ魂胆を練る。
最後に大門のお歯黒ドブで立ちションして
お店の若い衆を突き落とし、逃げる。
結局1人置いて来ちゃったから
取り戻しに行って御用、という
バカ話。

桂文枝の弟子、三四郎。いい男。
大阪から拠点を東京にしたような
マクラを振ってから創作落語
「二転三転」。
方言の面白さをフィーチャーした噺。
転勤続き、言葉がごちゃごちゃになる可笑しみ。
これ、我が家もそれ。
楽しいけど、ちょっとしつこい。
繰り返しが徐々に面倒くさい。
先が読める構成だからかも。

中入り。

三三、「妾馬」。
45分あっという間に。引き込まれます。
兄貴のべらんめえと重臣の格式高い言葉。
その相違が、さっきの方言のごちゃごちゃと
対比的で、それはそれで面白い。
言葉の使い分け難しい、とマクラを振ったのは
この部分か?とも感じました。
重くなりすぎない明るい妾馬目指して
演じたのか、と思う幕切れでした。
私の妾馬初体験が、さん喬師匠だったせいか、
実は物足りない気持ちで
会場を後にしました。
人によって、さん喬さんだと情感ありすぎて、
とも言われるようですが、
今日の三三師匠の軽さは
人生経験のまだ少なさか、
あるいは、ウエットにならない努力か、
多分後者でしょう、ただ、私的には
さん喬さんの妾馬が好きです。

今まで三三師匠がBest of落語家でしたが
さん喬師匠の面白さや積み重ねの深さを
感じてしまったせいで
ちょっと揺らいでいます。
でも、追っかけは続きます。
もう10月も11月も買っちゃったもーん。
posted by 大ねこ at 21:47| Comment(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]