2018年09月16日

週末の終末。

樹木希林さんの訃報。
びっくり。そして当たり前か、と。
うちには数年前の新聞広告の
樹木希林さんが水面に浮かぶ
死ぬときくらい好きにさせて、と言う
やつが掲示してある。
もう絶対外せぬ。
破れるまでこのままだ。
あまりに洒落た広告でお気に入りだ。

樹木希林さんが映画に出れば
吉永小百合さんと同じくらいヒットするし
良い映画になる。
その存在感と演技力は他の追随を許さない。
彼女が出れば見たくなる映画になる。

思えば悠木千帆時代から好きだった。
寺内貫太郎ドラマは樹木希林さんあっての
ドラマだった。
そうか、西城秀樹さんも今年亡くなったな。
時代が本気で移り変っていく。

乳がんからの全身がん。
私も乳がんだったから他人事じゃない。
でも、いつも堂々としていた。
内田裕也さんとの関係も
娘夫婦との関係も
なんとなく憧れだ。
マネジャーをつけず一匹オオカミで
仕事をして生き抜いた。
ものすごくカッコいい。
さらに清貧に甘んじるような
つつましやかな佇まいも素敵だった。

ああ。逝く年齢といえばそう。
十分生きたといえばそう。
でも、惜しい。
本当に惜しい。

一緒に時代を生きた先輩にありがとう。
自分の生き方のステキなモデルになってくださり
ありがとう。
素晴らしい映画をありがとう。
「万引家族」、本当に良かったです。
お疲れ様でした。
ありがとう。
悲しい気持ちでいっぱいです。
posted by 大ねこ at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]