2018年11月19日

ミュージカル「Top Hat」 シアターオーブ

言わずと知れたV6の坂本昌行さん主演。
小ねこは3回行ってる!
私も誘われて、今日は音楽会の振替休日、
チケットもジャニーズ系列で入手困難、
やっとゲットして参加。
平日昼公演なのに満席。
東京はいいところだ。

フレッド・アステアのジェリーに坂本さん。
ジンジャー・ロジャースのデイルに多部未華子さん。
イタリアンデザイナーにジャニーズの屋良朝幸さん。
おとぼけご夫妻の奥さんが宝塚出身の朝海ひかるさん。
旦那で狂言廻しにされたジェリーの友人でプロデューサーの
役が益岡徹さん。
執事に浅野和之さん。
周りを固めるダンサーたちの劇団四季出身率の高さ!
そうなんです。
バックダンサーが素晴らしくうまかった。
パンフレット見て、その層の厚さに納得。

坂本さんのタップはたしかに良かった。
その背の高さや脚の長さ、声の良さが
ミュージカル向きで満足できる。
三枚目役の屋良さんもちょっと臭さがあったけど
なかなかの出来でした。
朝海さんの表現のポテンシャルもさすが。
浅野さんの名脇役的な存在感と
演技の巧みさも楽しさを増してくれました。
総合的に見てとても頑張ったミュージカル。

曲も生演奏で、「踊るリッツの夜」や
「チークトゥチーク」など嬉しかった。

しかし。
なぜシアターオーブにはオーケストラピットがないのか?
ミュージカル多目で計画されたハコではないのか?
また、アメリカ映画をそのままではなく
日本語としてもう少しこなすことは
できなかったのか?
確かに脚本も演出も本場の方の手になるようだが
まんま翻訳しすぎて
こなれないジョークや言い回しが結構多かった。
本来ボーイミーツガールの他愛ない内容だからこそ
もう少しセリフに工夫が欲しかった。

ハコのせいかとはじめは思ったが、
違った。益岡さんのセリフのみが聞き取りにくい。
また、多部未華子さんは
美しいし踊りもよく頑張っていたし
歌も上手いけど、正直うーん、だった。
個人的にもう少し違う人で観たかった。

結局、楽しいひとときだったし
悪くはないと思うんですが、
映画を超えたとは思えないし
今何故「Top Hat」なのかな、とは
思いました。
改めて、フレッド・アステアやジーン・ケリーの
ミュージカル映画観たいとは思いました。
あれを超えるセンスは
本場ブロードウェイならともかく
日本ではやや厳しいのでは?とも思いました。
体型、声量、アメリカンジョーク、センス、
そういった意味でです。
日本には日本のもので、あるいは翻訳の工夫、
練っていただけるとまた行きたくなるかと。
バイオリン弾きやミゼラブルくらいに
なっちゃえばいいんでしょうけど。
こっちはダンスですからね。
劇団四季がいかによく訓練されているかが
逆によく分かりました。

あ、坂本さんは
存在感だけで素敵でしたよ。
多分多くの観客はそれで満足なのではないかな。
ちょうど歌舞伎でお気に入りが出たら
演目なんかそっちのけで応援する心理と
同じだと思います。
posted by 大ねこ at 19:07| Comment(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]