2017年04月30日

いろいろあっても平和が一番。

気づけばゴールデンウィーク突入。
4月も終わり。
キナ臭いニュースだらけで
オトナの体たらく、ひどい。
あ、オトナって政治屋です。
共謀罪も憲法改悪もミサイルももちろん核も
全部いらない。
東北でよかったと言った馬鹿者は
東北人の強靭さを舐めとります。
どれだけ私たち都会に住む者は
東北産のうまいもんで体を作っていることか。
東北魂大好きで、この夏久々に
岩手、青森、秋田回るよ。
大震災後臆病な自分は北海道5ヶ年計画の旅に
逃げました。震災の爪痕を見る勇気に
著しく欠けていました。
せめてお金を落としに行きます。
賢治先生に久しぶりに会いに行きます。

26日、勤務先に小ねこが倒れて救急車乗車の報が。
急いで帰りなさい、と校長命令。
生理痛ひどくて
スーパーのトイレで倒れ搬送されたらしい。
もともと生理痛に悩まされている人なので
ああ、やっちまった、という感じ。
全然異常も見つからず内臓は大丈夫。
救急車搬送は、私の鼻血事件の時だけでなく
過去にも小ねこ2回、中ねこ1回、
亡くなった母2回とやばいくらい常連状態。
決してタクシー代わりではないです。
それぞれ切羽詰まっていました。為念。

いろいろあっても元気が一番。
どんなに諍ってウマが合わなくても我慢、
やがて通じる。無理なら会わない。
無理を通さない。
それが平和のコツでしょう。
日本国憲法、イジるなかれ。
まだ使いこなしてもいない。
私のこのiPadと同じ。
壊れるまで使う。壊れるのは自分の使い方のせい。
ハードに責任を求めない。
使い方を学べ。
まだ知らない条文いっぱい。
憲法に即してもいない政治屋さん。
共謀罪通ったらまず最初に
森友さんと共謀した奥さんを訴追しよう。

やっと暖かくなってきて
可愛い一年生もやっと学校に慣れてきた。
ゴールデンウィーク明けが少し心配ですが、
まあなんとかなるでしょう。

3日から小ねこの彼氏がやってきます。
銀座、浅草、上野、砂町銀座に十条銀座
東京の銀座巡りを予定してます。
楽しみです。
posted by 大ねこ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

雑感

森友問題。
共謀罪。
シリアへのアメリカ空爆攻撃。
道徳の教科化。
北朝鮮の動きとアメリカの対応。
保護者代表者による児童殺害。

大人の愚かさが多過ぎて
どうして良いかわからないこの頃。

なんでロッキード事件並に扱わないのか。
なんで専制を許すのか。
何が怖いのか、マスメディアに携わるみなさん。

NGT48っていうAKBのようなチームが
このたびめでたくメジャーデビューしたようです。
カウントダウンTV見てたら
リーダーの女の子が
「新潟のみなさんの応援のおかげで、地域の
立派な方々のおかげで」みたいなこと言ってましたが、
秋元康さんは一体どれくらい政治力があるのか
ふと考え込んでしまった。

朝日新聞の日曜掲載につんくさんが山中伸弥さんとの
往復書簡をしているんですが、
「モーニング娘。は出ても入っても自由。
僕自身が彼女達によって成長させられた。
僕の基準はロックなんです」
云々の記事が迫りました。
彼が癌で歌えなくなったことはここでは
無関係で、秋元康との思想の相違が
私には迫るのです。

高橋優さんの新曲「ロードムービー」が生まれた経緯は
全国ツアーの新幹線や飛行機の中で
これから出会うリスナーを思っての事、
と本人がこれカウントダウンで言ってました。
聴いていただく。出会って幸せ。
こんな純粋な思いでツアーするミュージシャン、
私はついていきます。
もうアリーナを満杯にしてしまう彼の
コンサートはチケット入手困難ですが
ずっと曲を買って聴いていきます。

要するに言いたい事は、誠意、です。
人に対しての、敬意、と言ってもいい。
なさ過ぎだろ、政治家。マスコミ。
どーでもいいニュースたれ流し過ぎ。
スマホイジってばかりの視野狭窄国民に
しっかり本当の恐ろしさ伝えなさいよ、ニュース番組。

とうとう4年連続の一年生担任。
学校事情で、年寄りは希望なんて聴いてもらえません。
ルーティンワークにならないよう
心して向かうつもりです。
今年の子で自分の名前書けない子がいます。
入学からすでに他の子とスタートラインが違う。
入学して一週間、一向に書ける気配なし。
喋ること、気持ちを伝えることはできるので
これもこれ、こっちも焦らず、
いつ名前書けるようになるか楽しみにしようと
思っています。それでいい。

だって大切なのは人権意識。誠意だろ。
その子もハートがあって 、きっと書けない自分が
嫌なんだと思う。
じゃあそこからスタートだな。
いいところ、見つけていくよ。
だからお前もできないって諦めるなよ。

学校に道徳は十分溢れてる。
これを評価しろという悪徳政治家。
君たちの道徳力を国民が評価したいもんだ。

暗すぎる昨今の日本。
築地でも豊洲でもいいけど
本当に都民ファーストであってくれ。
posted by 大ねこ at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

村田沙耶香「コンビニ人間」(文芸春秋社)

1時間ちょっとで読了。
コンビニででしか働けない37歳の古倉さん。
うるさい普通の人間の営みやさえずり声から
逃れるためにクズ人間白羽さんと同居する。
一般に合わせるために
一旦コンビニも辞めてみたが
やはり自分の体はコンビニに合わせて
恥絵機能することを認識する。
それ以上でも以下でもない話。

芥川賞受賞作なんですよね。
さまざまな人が絶賛していたので
読みましたけど
閉塞感しかなかったです。
どこにも救いがない。
古倉さんは普通と違う所があって
治す気はあって、でも
それ以上にコンビニで働くことが
生きる意味になってる訳で、
現代の深い闇は感じましたが、
突きつけられて終わりました。

後味、非常に悪いです。
でも、今の人々の裏側の縮図、
なんでしょうか?
救われません。
posted by 大ねこ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

新年2017。

あけましておめでとうございます。

紅白を見てyellowmonkeyはいいな、と。
宇多田ヒカルはいい女になったな、と。
嵐は国民的スターになったな、と。
SMAP解散は仕方ないかなぁ、と。
相変わらず1年に1回しか見ない歌手もいるな、と。
恋ダンスは難しい。
石川さゆりは同い年の星。
欅坂46は、秋元康チームの中で出色。
などなどぼんやり眺めていました。
タモリさんとマツコデラックスの場面は
使い方もったいなさ過ぎだと思いました。

元日はこれでもか、というくらいTV三昧。
BSで喬太郎さんの落語があったので
しっかり聴きました。
初天神、同棲したい、文七元結。
子どもの可愛らしさは絶品。
文七元結は聴かせました。
後は、お笑いオンパレード。
タイムマシーン3号、最近のお気に入り。
サンドイッチマン、中川家、爆笑問題はどれも好き。
ここのところハマり続けているアプリゲームしながら。

本日2日は、中ねこ休みなので
西新井大師(満員御礼状態、神様も大変だ)参拝。
そのまま環七で一直線の高円寺に。
ヴィレヴァンで福袋。
DORAMAで古本仕入れてごはんしてお茶して
まっすぐ帰宅。
そしてまたゲーム。
全くボケ切った新年を迎えました。
posted by 大ねこ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2016年、こんなことありました。

よーし、今年最後のアップだあ。
朝日新聞からの2016年の総括。

1月
文春砲炸裂開始
ベッキー川谷不倫報道からの
甘利経済再生相現金授受疑惑報道で辞任。
2月
清原氏覚醒剤で逮捕。
GDPマイナス成長。
3月
テニスのシャラポワ薬物違反発覚。
巨人賭博。
オバマのキューバ訪問。
民主党が民進党に。
ベルギー連続テロ。IS。
4月
電力小売り自由化開始。
熊本大地震。
もめにもめた東京五輪エンブレム決定。
5月
アメリカ兵沖縄での殺人。またもや地位協定問題。
オバマの広島訪問。
6月
18歳選挙権始まる。
舛添都知事、図々しい形で辞職。
ドゥテルテフィリピン大統領就任。毀誉褒貶激しい。
7月
バングラデシュダッカでIS、レストラン襲撃。
参院選、またもや自民圧勝。むうう。
ロシア国家ぐるみでドーピング隠蔽。
ポケモンGO、日本解禁。
相模原市障害者施設での19人殺傷事件。
小池百合子東京都知事就任。
8月
リオオリンピック開催。史上最多の金メダル41個。
天皇の生前退位の気持ちの表明。
SMAP解散発表。12月31日解散。
台風10号岩手県で死者。
9月
北朝鮮の核実験。
広島セ・リーグ優勝。
横浜大口病院、謎の死者続く。どうなったんだろう。
10月
ノーベル医学賞に日本の大隅良典さん。
同文学部にボブ・ディラン。イエーイ。
日本シリーズ、日本ハム優勝。いい試合でした。
11月
地球温暖化対策パリ協定発効。
ブラック企業の雄電通で自殺者、強制捜査。
アメリカ次期大統領にドナルド・トランプ‼︎
博多駅前市道陥没。
山鉾・屋台行事が無形文化遺産へ。
12月
高齢者の車事故、アクセルとブレーキ間違え事件続く。
映画「君の名は。」興行収入邦画2位。
カジノ解禁法成立。( ;´Д`)
安倍首相、ハワイ真珠湾訪問。

どこへ行く、日本。
どこへ行く、世界。
ポピュリズムが幅をきかせて、俺様主義に陥るのか。
自己責任が、一層浸透して
心を忖度するチカラがさらに減り、
お客様精神がのさばるのだろうか。

物故者。
デヴィッド・ボウイ 69
津島祐子、68
ジョージ・マーチン。ビートルズプロデューサー。90
プリンス。57
戸川昌子 85
冨田勲 84
蜷川幸雄 80
伊藤ユミ ザ・ピーナッツ。75
モハメド・アリ 74
永六輔 83
大橋巨泉 82
中村紘子 72
千代の富士 61
むのたけじ 101
アーノルド・パーマー 87
アンジェイ・ワイダ 90
肝付兼太 。声優 80
小川宏 90
フィデル・カストロ 90
島木譲二。よしもと新喜劇。72
ジョージ・マイケル。ワム!メンバー。53

知ってる人が激増。
子どもの頃、青春期、TVで見聞した人々。
懐かしい人々。
大往生が多くてちょっと諦めつきます。

2017年来年はどうなるかなぁ。
私はこの仕事をしてこの日常を過ごしていけるのは
あと3年です。
そろそろ来し方行く末に目をやらねば。
んんん。
まあ、来年考えようっと。
posted by 大ねこ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

「バンド臨終図鑑」(文春文庫)

バンド臨終図鑑〜ビートルズからSMAPまで
いにしえのバンドから、
最近の存在さえ知らないバンドまで
たくさん網羅されています。
読了して何か感想は、と問われても
何もありません。
かくも多くのミュージシャンがいて
ヘロインやら覚醒剤やら男女問題やら
音楽の志向違いやら仲間割れやら
金銭問題やらあるわlあるわという感じです。
そして特徴的なのは
活動停止または解散後も
多くが再結成や期間限定でライブするという
現象です。無論、ファンが望むケースを
多いのでしょう。が、金ためにも
ありがちな様子が伺えます。
人気絶頂で解散もありますが、
なかなか生々しいバンドもあり、
若気の至りがバンドの運命なのだろうと
思うのであります。

そうなると、岡崎体育君が歌うところの
バンドじゃなくてよかった。ギャラ独り占めできる、
というフレーズが意味を持ってくるのですな。
BUMP OF CHICKENのように
保育園時代から仲良しで
メンバー変更一切なしでトップに君臨するのは
稀中の稀、っつーことでしょうね。
労作です。
印象には残りませんけど。
posted by 大ねこ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

遠近両用。

救急車事件後、鼻をかめません。
怖い。
でも、追い打ちかけるように、風邪気味です。
鼻呼吸ができず、喉まで痛みます。
夏休み遊び過ぎた罰かなあ。

注文しておいたメガネが出来たので
取りに行きました。初の遠近両用。
手元の新聞や文庫本が随分読みにくくなり、
近眼用では一旦メガネをはずさないと見づらく
なってきていました。ああ、歳をとるってこと。
早速はめています。
慣れるまでは遠い方が心配ですが、
おかげさまで近くの小さい字がよく見えます。

読書が辛くなりかけていたので、助かります。
フレームも少しレンズの関係で
今までよりは大きめになりました。

まあいよいよ、壮年時代です。
(老化、とは敢えて言うまい)

ちなみに購入先は、zoffで基本的な
標準サイズで税込み10800円でした。
posted by 大ねこ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

救急車。

実は昨日救急車に乗りました。
鼻血の出過ぎで。
いやあ。笑い話ではないんです。
ワールドハピネスのトリのMETAFIVEの時
雨も降って来て荷物整理していて俯いていたら
突如レインコートが血だらけ。
あわわ、とタオルをあててテイッシュで処理、
なんだかんだで15分くらいで止血。
そのあとは大丈夫でした。
しかしながら自宅に戻り、さあ明日から仕事だ、と
少しノンビリしていると、突如またブッ。
出るわ出るわ。
風呂場に飛び込み水流しつつ鼻を押さえ
しかし止まる気配なし。
小ねこが手配してくれ救急車。
かつて3回ほど乗りましたが自分は初めて。
乗車中に止まり、ああもういいかなと思いつつ
都内T病院着。
ベテラン女医さんとインターンあがりの女医さん
消毒、診察、処置、血管焼きまで1時間超え。
血圧上昇してるから内科受診を勧められました。
普段130、この日170!
確かにこれは、と。
中ねこの車で自宅へ。
家族があって良かったと心から思いました。

で、本日仕事休み、かかりつけの地元の医院へ。
血圧正常値、先生は鼻血と血圧の関係はないよ、と
嬉しいお言葉。

ということで大したことはないよ。
ご心配なく。
でも救急車、日本の誇りだな。
救急外来、日本の勤勉さの賜物だな。
みなさんありがとう。
大騒ぎしてすみません。
9月に入る前で良かったです。
posted by 大ねこ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

相模原殺人事件から思うこと。

「異邦人」でムルソーは
「太陽が眩しかったから」といって殺人をした。
サカキバラ君は
ゲームの感覚で殺人をした。
ミヤザキ君は
性の問題で殺人をした。
アキハバラも池田小もさまざま想起させられる。
どれも身勝手だ。
そしてどの加害者にも共通して
哀しい生育歴があった。

今回相模原の障碍者施設での大量殺人事件は
これらに似ているが、違う。
どこか違和感が残る。
生育歴の問題はきっとある。
しかしそれ以上にかなりのモンスター。
その根幹には変身願望があったと思う。
人間からモンスターへ。
(ああ、浦沢さん、あんたは天才だ)

私がふと想起したのは実は
三島由紀夫の割腹自殺だった。

10代後半から22歳まで
私は確実に奴の文章の虜になっていた。
酔わされる文体、あまりにも小説的な内容。
そこにやがて付随してくる国粋主義観。
卒論に選んだ私は
ザインとゾルレンの狭間で現実を見失っていく
愚かな男を論じた。
それを称して題名に「硝子細工」の言葉を配した。
彼の人生は硝子細工でしかなかった。
庇護され閉じ込められ頭脳だけが肥大し
生身の人間が味わうべき生理を知らず、
言語の中で育った。
それに甘んじておけばよかったのに。
肉体改造に走り変身願望が満たされ
(仮面ライダーになれると思ったか)
(この改造は一種の自傷行為でしょう)
これ以上改造できないならばと
それを自ら割った。
愚かな男だ。
文学者に甘んじておけば天才だったのに。

今回の事件の加害者は
半端でない刺青をしているらしい。
これは自傷行為と同じだ。
親が先生で自分も刺青の体で教育実習に行った。
刺青のせいで教師にはなれないと知った?
そんなの初めからわかっていることでしょう。
すなわち最初から冗談なんですよ、生き方が。
はじめから投げている。
自分の何か限界を見ぬいたうえで
でも尊大な自己愛があって
腹を切る勇気の代わりに
「世界平和」という便利な言葉で美化して
正当化していく。

非常にミシマ的人物。
革命を起こせるわけがないことなんか
知っているのに。
ただただ変身したくて。

いっそザムザのように
毒虫に「変身」してしまえばよかったのに。

それで革命したつもりでしょうが
(ISの場合は「神」が絡んでくるから厄介)
(あと、集団と個の違いも大きい)
あなたに殺された19人の方々の人生返せたら
本当の革命なんだよ。
できないだろ。
いのちは戻らないんだよ。

つらかった。痛かった。哀しかった。
大事ないのちと家族の方々が
気の毒でならないし
支えてきたその施設の方々のやりきれなさは
想像を絶する。

学校にいて特別支援といわれる子どもたちを
目の当たりにしているが
本当に輝ける人生を送らせてあげたい、と願う。
自閉症の彼は素晴らしい記憶力を持ち
言葉の遅れのある彼はとても温かい。
ダウン症の彼は絵が上手い。
関わり方がうまくないし自己表現ができない
その苦しみをもっている人々が
共生できていないこの国のあり方を問うのが
革命なんだよ。

なんだか
また
哀しくなってきた。
たくさんの奇妙な小説に熱中してきた私は
だからこそその奇妙さを
人を愛する方向にむけたい。
いろんな障碍者がいる。
みんなどこか障碍者。
人は障碍者だらけだと思えば
支えあえるんじゃないのか。
自分だけがまともなんて思うなよ。

あんな死に方をしなければ、多分
奇妙なオッサンとして三島は好きなままだった
と思う。
そういうことだよ。
posted by 大ねこ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

オバマ大統領、広島訪問によせて。

明日が運動会でぐったりしている最中、
ニュースでオバマさんが今日広島に
50分間滞在されたことを拝見。
17分間の演説的所感。
この内容は温かく、よかった。
自分の言葉で思いを発信されていた。
しかし、
10分間の原爆資料館入館。
こりゃ短すぎ。
何を見たんだ?
残念だ。
演説の跡に被爆者の方と語り
握手し、抱き合った。
パフォーマンスとして大成功だし
伝わるものを感じた。

意味そのものは深くないかもしれない。
でも
被爆国と被爆させた側が
一堂に会したことには深い意味がある。

けど、演説は「理想」という言葉が多すぎた。
理想ではなく、現実にしなくてはならない。
そもそも原発、いらない。
沖縄の米兵関係者の事件だって
本来日米安保に端を発している。
まだまだ、本音ではないし
まだまだ日本側が要求しなくてはならないし
日本そのものも行動を起こさなくてはいけない。
そのための本当の始めの一歩。
これから本気で核廃絶していく。
だって、でも、は
いらないよ。
ねえアベさん。

posted by 大ねこ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

銀座、奥が深い。

image/2016-05-05T143A233A54-1.jpg


本日は銀座。
3月末にオープンした東急からのスタートで
7階だか6階だかの小物グッズ勢ぞろいコーナーで
小ねこのテンション上がりっぷりはなかなかでした。
普段は買うことも入店することもはばかられるような
一流店の出店があって
気軽に立ち寄れ品定めできるのが
このビルの良さかな、とも思いました。
屋上とこれも6階だかのテラスコーナーが
またお洒落でいい感じです。
次回もまた寄ろうかという気分になりました。

今日は銀座のお祭りでパレードで交通規制があり
東急からソニービルへ地下を潜らないと行かれません。
地下の天井も低くお洒落で、銀座はいい、と
改めて思います。
ソニービルから8丁目方面に向かい
ホテルの地下のおうどんや「うらら」で
おいしいセットをいただきました。
安くて美味しい隠れ家を見つけました。
おうどんとカレー丼セットで1000円。
カレーがまた美味で、福神漬けやお漬物も
一杯の配慮が嬉しいです。

てくてく東に向かい左に折れ、
資生堂パーラーでレモンケーキとジュレを買い、
6丁目の路地の店で青い可愛い扉が。
何の店だろう、と覗くと、ケーキ屋さんっぽい。
中に入るとかわいらしい口紅型のお菓子や
鼈甲飴を用いた指輪型の飴など
創作いっぱいのお菓子がずらり。
2階では喫茶もある、と知り
ケーキセットが700円もしない!
これは食べよう、となったのが
冒頭の写真です。
BOUL'MICH(ブールミッシュ)の中の
シュクレビジュウというお店です。
本店は銀座1丁目のようで、ここは2年前にできたとのこと。
セミフレッドケーキ、めったにケーキで喜ばない私が
美味い!とうなりました。
小ねこはイチゴのミニトリュフケーキに泣きました。
吉田菊次郎さんという名パティシエが作ったお店です。

後は、鳩居堂から文教堂、伊東屋をまわり
キルフェボンの人出に驚き
高知アンテナショップ(小ねこバイト先)で買い物、
交通会館をまわって帰りました。

まだまだまわり足りませんが
今日はここまで。
お漬物の若菜さんがおやすみが残念でした。

何度いっても新しい発見がある街、銀座。
決して高くないけど高級感のある銀座探しが
これからも続きそうです。
posted by 大ねこ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

記念日ほどなにもしない。

本日は小ねこの大学卒業式。
本人はリクルートスーツで
卒業式に出た後
謝恩会やら2次会やらで
不在。
そりゃいい年なんだから当たり前。
卒業後の進路は
就職を拒否して
専門学校へ。
声優コースらしい。
ふむ。
私は金を出すのみ。
すねかじりは来年で打ち止め、
と宣言。
よいご身分ではあるが
時代が時代、
自分探しをして納得して
生きてほしい、と願うのみ。

中ねこは飲み会。
付き合いがあるのはいいことだ。
然るに本日
20ン年目の結婚記念日である。
多分失念しているであろう
間抜けな相方である。
最近は口もめっきりきかず
以心伝心といえば聞こえはいいが
日々のルーティンを
互いに阿吽の呼吸でこなすのみ。
お互いそれぞれいやなことには
目をつぶり
感謝の気持ちだけは忘れぬよう
愛しています、でもなければ
別れます、でもない
関係で
互いの自由は保障しあって
くっついて生きています。
なので
なんだか記念日といえば
記念日だが
今私は家に1人。
気楽なもんでございます。

そしてまた明日が来て
明後日を待ちわびる、
そんなささやかな生活が
嫌いではないのです。
posted by 大ねこ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

「昭和元禄落語心中」と「逆転裁判5」

小ねこに録画してもらって3話分見た。
おもろいやないか〜〜。
昭和のレトロ感、落語の世界観、
よ〜出とるやないけ〜〜。
BLの漫画家さんの作品らしい。
ああ、絵柄はそういう感じ。
でも内容は、戦前の日本の景色から
昭和の私の生きた時代を活写。
声優さんもきちんと落語やってらっしゃる。
鰍沢とかあくび指南とか、あまり聞かないものも
出てきて嬉しいやないか〜〜。
是非今後とも拝見します。

元旦から始めた「逆転裁判5」終わった。
普段はRPG専門だが
時々やりたくなる「逆転」シリーズ。
ボンズが描いていたのか、知らなかった。
これも絵柄が上品で好き。
もちろん内容も好き。
成歩堂、御剣、王泥喜、夕神、心音、牙琉、
どれもいいね。
可愛い。かっこいい。
はまって終わりました。
これからは
また再びドラクエに戻ります。

という
休日の過ごし方講座でした。
posted by 大ねこ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

稲田和浩・守田梢路「5人の落語家が語る ザ・前座修業」(NHK出版生活人新書)

落語のあれこれを知るには
入門書程度の内容で
人生の指南書として読むと
少しは示唆される内容。

MY LOVE小三治師匠は
「身体を使って物事に相対することを学んだ」
新作落語円丈師匠は
「耐えた。夢の実現のため」
小咄三平が父の何かと有名な林家正蔵師匠は
「心が折れたときに耐えられる為のもの」
いまどき落語新作の春風亭昇太師匠は
「落語の修業ではなく人間修業」
そして談志の血を受け継ぐ立川志らく師匠は
「自分の頭で考え対処する力を身につける」
ことに意義のあった前座時代ということらしい。

印象的なのはそれらの師匠方が
今は弟子を取る身となり
その弟子たちの「宇宙人」ぶりに
時にあきれ果てるくだりである。
学ばない、いわれないと動けない、
いわれたことだけをする、挫折して逃げる、等々。
自分で選んだ道にもかかわらず、だ。

その辺りがこれからの落語界のみならず
社会のさまざまな仕事で出てくるおそれを
危惧するのはわたしもまた然りである。

にしても
前座修業はこれはこれで
社会の基準からは随分と逸脱している面もある。
金なくして働く、という点で
なかなかに受け入れがたいところはある。
好きじゃないとできない代表選手ではある。
しかし芸能系の仕事とはそういうものであって
徒弟制度の代表格として
よきにつけ悪しきにつけ
残っていってほしいとも思う。

開口一番の前座さんも
会の数だけ見てきたが
いろいろいて面白い。
開口一番までこぎつけたなら
頑張り続けてほしい。
「どうらく息子」というマンガがお気に入りだけど
たくさんの人が支えている仕事で
羨ましいと思うこともあるんだよ。
posted by 大ねこ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

2015、やな1年だったな、社会的には。

朝日新聞の「2015プレーバック」より。

1月
八ツ場ダム工事着工
2月
ID後藤健二さん殺害映像流す
川崎中1男子、少年により殺害される
3月
北陸新幹線金沢まで開通
チュニジア国立博物館でテロ
渋谷区で同姓パートナー条例成立
4月
天皇皇后パラオ訪問(慰霊)
2015予算96.3兆円・・・
首相官邸にドローン
ネパール大地震
5月
福島第一原発高濃度汚染水処理完了・・・
6月
年金情報流出
選挙権20歳から18歳へ引き下げ
箱根山小噴火
シャープに銀行が2000億円融資
7月
芥川賞「火花」(又吉直樹)
新国立競技場問題、白紙撤回
東芝不正会計事件
8月
被爆70年
大阪寝屋川中1男女殺害事件
天皇による「先の大戦、深い反省」
バンコク爆破テロ
9月
東京五輪エンブレム問題(盗作?)
北関東、東北豪雨
安全保障関連法(悪法)なぜか成立!!!
フォルクスワーゲン規制逃れ
改正(改悪?)労働者派遣法案成立
10月
北里大大村さんにノーベル医学生理学賞
TPP大筋合意(誰が?貧乏人は安いものを食えばいいってか)
第3次安倍内閣発足!!!
辺野古問題、翁長知事踏ん張る。現在も。
マイナンバー配達開始。(いらぬ)
11月
核廃絶決議案採択、だが、米英仏棄権とは!
パリ同時多発テロ
元オウム信徒菊池直子無罪
12月
羽生結弦フィギュアスケート世界記録更新
夫婦同姓を合憲判断
日韓外相会談で従軍慰安婦問題合意(責任を認めた!)


物故者
1月
奥平康弘85 憲法学者 護憲活動
2月
坂東三津五郎59 歌舞伎役者
松谷みよ子89 児童文学者
3月
桂米朝89 上方落語家
4月
ギュンター・グラス87 「ブリキの太鼓」作者
愛川欣也80 俳優タレント
加瀬邦彦74 ミュージシャン
船戸与一71 作家
荻原流行62 俳優
ベン・B・キング76 ミュージシャン
5月
長田弘75 詩人
B・B・キング89 ブルースギタリスト
車谷長吉69 作家
今いくよ67 漫才師
7月
鶴見俊輔93 哲学者
加藤武86 俳優
8月
阿川弘之94 作家
9月
原節子95 映画俳優
川島なお美54 俳優
10月
橘家円蔵81 落語家
熊倉一雄88 俳優声優
佐木隆三78 作家
11月
加藤治子92 俳優
阿藤快69 俳優
秋山虔91 国文学者
北の湖親方62 第55代横綱
水木しげる93 漫画家
12月
野坂昭如85 作家

すんごい死んでますね。
それだけ自分が年をとったと自覚させられます。
先輩方で自分の人生の何かに
影響があった人々が
60代から90代になり、この世を去っていく。
当たり前のことですが
何時までも人は生きていないということ。
なのに
どうしたことでしょう、今の閉塞感漂う政局
及び
閉塞感漂う時代

この間も職場で「何故仕事が終わらないんだろう?」の声
簡単ですよ
PCとインターネットのせい。
かつては手書き、調べものの時代でしたから
多少の誤差や間違いは「しかたないね」で済んだのですが、
今はすぐコピペなり書き直しなり簡単ですので
いつまでもとにかく100%になるまで直すんですわ。
あり得ない100%のために
意味のない仕事を増やす時代です。
「大体でいい」ってことがなくなり
「完璧」を目指すから、わけわからんことになり
本質が消えていくんです。
心を育てる時間が重箱の隅をつつくことに費やされ
チョイ悪することよりも形式を重んじることに美学が生まれ
それじゃ人間は閉塞しますよ。
鶴見さんが言った「悪人」が消えれば
本物の悪人が正義だと気取って跋扈する。
水木さんが提唱した「妖怪」の怪異を馬鹿にすれば
本物の妖怪が金の亡者となって跋扈する。

SEALDsが頑張っていますね。
賛同するかどうかは別にして
18歳の若者が政府(アベ)に馬鹿にされていますから
(自民党に有利=棄権率の増加、だと考えなければ
そんな法案を通すわけないじゃん)
是非ここで一矢報いてやってください若者よ。
18歳よ、わけわからんでいいから
投票に行きなさい。
平和ボケを維持するために政治に参加しなさい。
いい子にならんでよろしい。
命を守るであろう人を選んで投票しなさい。
閉塞感打破はそこからなんです。

NO原発
NO TPP
NO戦争
NOテロリズム
NO国の借金
われわれが戦うべき相手は国ではなく
いつか来るであろう大地震などの自然災害なんです。
縄文の時代から不変なことです。
予算はそこに使え。

とにかく寂しい時代になりました。
2015が自然の摂理によって去っていきます。
2016は自然の摂理によって否が応にもやってきます。
♪きっとこの世界の共通言語は
英語じゃなくて笑顔だと思う♪
高橋優くん「福笑い」で
福を呼び合いましょう。
怒って、怒って、怒って、
そして共通の怒りをもった者同士、
肩を叩いて笑いあい
怒りの源を、笑いで吹き飛ばしたい。
その後に来る一抹の空虚感はある。
そんな豊かな寂しさなら甘んじて受けたいと思います。
一緒に笑う人をふやしていこうね。

どうぞよいお年を。 
posted by 大ねこ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

みんな悩んで大きくなった。

野坂昭如、死んだ。
まあ、そんな時代だとは分かっている。
でも、やはり、痛い。
寂しい。
時代の終焉と、いつか来た道がまた近づく、
そんないやな予感しかない。

反戦、ノンベエ、照れ屋、焼け跡闇市派。
四畳半襖の下張り。
大島渚、五木寛之、山口瞳。
そんなお歴々も思い出す。

「エロ事師たち」「アメリカひじき」
「火垂るの墓」、読んだ。
駄作も多いが、句読点が妙な不思議な文体で
一時期はまった。
それが♪ソ、ソ、ソクラテスかプラトンか♪
とCMで歌い
「リリー・マルレーン」「黒の舟歌」など
これまた不思議に沁みる歌も歌った。
新潟3区からも出馬した。
バッカジャナイカ、と思うときもあった。

口元が緩いあの感じ
(歯を磨く習慣がなかったため早くに入れ歯だったとか)
(うちの親父もそうだった)

つい2週間前の「週刊金曜日」にも寄稿していた。
入れ歯を飲んじゃった話、
誤嚥している場合じゃない、なんて
書いてたのに
死んじゃったんだな。

なんだか悲しい。

野坂を読んでいた頃
きっといっぱい悩んでいた私。
ちょっとは大きくなったかな?
野坂さん、ありがとう。
もうちょっとまともな人間になっていきます。
posted by 大ねこ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

久々の銀座。

なかなか小ねこと時間が合わなくなって
週末を一緒に過ごすこと減っています。
今日は「よし、銀座だな」と二人で決心。
我が家から1時間もかからないのです。

今日は1丁目のほうから。
グルメストリート的なビルの「権八」で蕎麦。
奥に入り3丁目から4丁目、初めて見つけた「KODO」。
なんだ、この店、ディスプレイがとても綺麗。
ああ、香水系?いや、これは、お香?
・・・・・・「日本香堂」・・・・・・。ああ、お線香の!
心惹かれて中へ。
部屋の芳香剤的なものからハンドクリーム、
ピロウミストなど、香りに関わるありとあらゆるものが。
買っちゃいました。
それぞれが1000円から3500円程度なのでお手ごろ。
ESTEBANという名称で各種いろいろの中から
一つと、ピロウミスト(枕にシュッとやる安眠材的な)。
お店自体もいい香りでお店の方も素敵。
いいお店を一つ見つけました。

王子サーモンを冷やかして
リニューアルした伊東屋へ行く途中
茶房「司」が開いていて入ることに。
空也最中とコーヒーのセット(小ねこは抹茶で)。
初めて食べる空也最中、美味しかった!!
憧れの一つを美味しいコーヒーと頂け、至福。

小ねこが気に入った猫柄の傘2000円、
プレゼントです。
ぐるりと5丁目から8丁目方面へ、
資生堂パーラーでの新しいお菓子のパッケージに見惚れ、
四方山話を咲かせつつお茶の時間、
5丁目の地下2階の「カフェ・ド・ルトン」へ。
ブラジル母体のコーヒーと、バナナクレープ。
小ねこはシンプルだけどブレンドが見事な紅茶。
オレンジ色のお洒落なシャンデリアに惚れ惚れしつつ
これまた至福の休憩時間。

最後は、交通会館で地方のあれこれを見てあれこれを購入。
出掛けに路上販売の八百屋さんたちが店じまいで
特価中。
みかん4個で180円!シイタケ大盛り350円!
銀座での買い物の〆は随分庶民的になりました。

でも、これも銀座。
コーヒー800円も銀座。

あの店この店どれも楽しかった。
銀座は飽きない街です。
posted by 大ねこ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

いろんな検査があるもんだ。

本日は休暇をとって病院へ。
人間ドックの続きの検査。
がん系は無事だったのに
胃のほうに問題ありで長引いています。

バリウムからの先日の胃カメラ。
ピロリ菌はいない、でもそれがよくない。
ピロリ菌もいない胃になってるね、ってことで、
もう一度潜んでるかもしれないピロリを探す検査、
今日予約してあったので行きました。

尿素呼気検査。
息を吸って吐く。
薬を飲んで左を下に横たわること5分。
また待合室で待つこと15分。
再び息を吸って吐く。
終わり。
でも結果は10日後。
また行くんだな、病院。
ピロリがいるかどうかだけなので
夜間タイムを選択。

胃カメラの苦しみに比べれば
笑えるほど楽。

いやあ、いろんな検査があるもんだ。
posted by 大ねこ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

再検査の結果、再々検査。

乳がんのあとCT取ってないなんてあり得ない!
と、医師に言われ、いや、そんなこと言っても、の
気分で今日肺と乳房と骨と肝臓を写す
CT取って来ました。
結果、大丈夫でした。

やったっ!!!!!!!

野菜食べててよかった。
笑って暮らしててよかった。
仕事頑張っていてよかった。
好きなことやっていてよかった。

ルンルンで終われればよかった、
んですが、
もう一つの、胃。
この胃にピロリ菌がいるかいないかの結果、
「いませんね」
やった!!
で、終わるはずですが
「でもいないってことは、ピロリ菌も
住めなくなっている状態かもですね」
って、つまりは。
「ピロリ菌も住めないぐらいよくないってことですか」
「うーん、そうともいえますね」
「治し方はありますか」
「・・・・結局年1回胃カメラ飲んで、
異常がないかどうか調べていくってことですね」
「つまり、治しようはないと?」
「そうですね、萎縮性胃炎ですね」
「胃がんになるってことですか?」
「リスクが高いってことですね」

まあ結局年1回胃カメラのめってこってす。

はい、わかりました。

「もう一度ピロリ確認のため呼吸の検査しましょ」
え?
「もしかしたら血液検査で出ないだけかもですから」
ピロリ、いるかも、ですね?
「いたらその薬出ますから」
ああなるほど。

と言うことでまたまた再々検査がまってます。

今年は病院年。
そういう年齢になりました。
早期発見、頑張ります。
posted by 大ねこ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

劇団四季「コーラスライン」&三浦しをん「月魚」(角川文庫)

本の紹介と芝居の紹介いっぺんに行きます。

「コーラスライン」はこれで3回目になるのかな。
ザックに荒川務さん。
かつてはコーラスライン側だったのでは?
時代と共に内容が身にしみる。
スターの後ろで踊り歌うコーラスライン。
そのオーディション風景。
各種の人間模様。
各人のダンスに対する思い。
それはどの職種にも通じるから
誰が見てもおのれを振り返り
感動する。
今回のゲイで悩みけがをするポールが
斎藤洋一郎さんという方で、味があった。
シーラやくの恒川愛さんも色気があってよかった。
派手さはない舞台ですが
働く人間には非常に有効な
心を揺さぶられる、さすがブロードウエイミュージカル。

行きに読み終えたのが、「月魚」。
これはこれで凄くよかった。
しをんさんはやはり本物だった。
読む前はライトノベル系かと
ちょっと高をくくっていました。
何が何が。
真志貴さんと太一くんのちょっとホモセクシュアルな
匂い(月の影、少しだけ淫靡な香り)のする
でもとてもあたたかく何のいやらしさもない
見事な男の友情物語。
(しをんの描く男はみんないい)
真志貴の父を失踪せしめた太一、
背負う罪の意識、
けれども何一つ間違っていない、
支えあうしかない、けれど原告と被告の立場。
生きる世界が違う父との仕事上での再会。
そこで吹っ切る何か。
古本を愛する男たちの現世のドラマ。

スピンオフ短編も収録。
この魅力的な男たちを支える友人や祖父、
依頼人もいい。

三浦さんの実力が
どんどんと確かなものになってきていて
今の若手で私は一押しです。

みんな、働け。
いい仕事してますよ。
支えあっていますよ。

疲れた心と体と脳が
少しリフレッシュした土曜日でした。
posted by 大ねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする