2016年08月21日

富山・石川旅行3

のとじま水族館はジンベエザメがウリで
クラゲと光のコラボとかもありました。
1850円は、高い
が、場所柄仕方ないか?
道の駅ロマン峠向かう道で
能登島を出ます。
行きの能登島大橋も帰りのツインブリッジも
綺麗です。

ロマン峠で石川産塩サイダー飲んで
出ると、あのいい天気が
雲ってきました。
能登里山海道に入り、
16時までの道の駅桜峠、間に合うでしょうか?
今現在15時です。
posted by 大ねこ at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行2

道の駅いおりは、トイレ休憩のみ。
狭かった。
トイレの個室にバッタがいました。
能登路の入り口。国道160号線北上。

次は道の駅能登食祭市場。
ここは大きい。

下手な写真、撮ってみた。
能登島臨む風景。
暑いけど30度。直射日光だからだよね。
ツアー客や買い物客で混むその手の道の駅でした。
以上。

能登島に入り、のとじま水族館へ。
posted by 大ねこ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山・石川旅行1

富山・石川旅行
朝地元始発バス乗り、大宮駅からの
かがやき新幹線富山で下車。
トヨタレンタカーの場所まで歩く。
暑い。
路面電車が可愛い。
道も広い。それ以上にムダなスペースが多い。
8号線にのって、道の駅氷見目指す。
途中、呉羽という場所に左折すればいいらしい
こと発見。あのクレラップだよね。
興味深いけど。能登の北端まで行かないと
約束の宿に行けないのでガマン。
160号線にぶつかる。
魚魚座という交流館、300円入館料!
パス。

道の駅氷見は一大ショッピングセンター&食事街。
やや全体に高いので、
フードコートで寿司パックと煮干しラーメン。
サザエとカマス寿司、トロ巻。
海の街らしく美味しかった。

富山を出て、一路能登路へ。
次は道の駅いおり。
posted by 大ねこ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

東京下町?めぐり。

超近場ですが、一応旅日記で。

朝6:50、中ねこの車で出発。
首都高は混みそうなので下の道で。
8:00過ぎに無事第一の目的地、築地到着。
テリー伊藤さんの実家の卵焼き買い
朝ごはんを食べる為にどこのお店に行くか
いろいろ悩みましたが
安さと雰囲気で「たねいち」へ。
賄い丼が700円。
いろいろ入っていてとても美味しかった。
小ねこはマグロ丼、中ねこはあぶり4種盛り丼。
それぞれ800円、900円。
1000円2000円当たり前の周囲で
私はよかったと思います。

だんだん人も増えてきたので
鰹節専門店でかつおは買わず
裂きイカとごぼうせんべいを買って退散。

第2の目的地は月島。
商店街はあれどほぼウリはもんじゃのみ。
ま、月島といえばもんじゃだからか。
でも、もう少しウリはほしいかな、と。
10時過ぎの段階で開いていて値段が明瞭な
「風月」に入店。
ふつうのもんじゃと紅ショウガもんじゃを注文。
正直に言います。
私、もんじゃ焼き初体験です。
愛知育ちで関西寄りの文化の中、
もんじゃなんてゲ○みたい、と酷評の文化の中に
育ちましたんで(すみません)、
どんなもんかと不安でしたが、
東京育ちの小ねこは美味いに決まっていると主張。
焼き方をお店の人に習い
はじめの普通のもんじゃは焼いていただき
紅ショウガのほうは、焼いてみました。
・・・・・・。
いや、悪くなかったです。
しかし、ご飯の代わりにならない。
酒のつまみ、おしゃべりのお茶受け的な。
けれど、3人でつるりと完食。

他に買うものも遊ぶものもなかったので
第3目的地、佃島に移動。
ここはいわずと知れた陸の孤島。
周囲はウオーターフロントの巨大ビルと巨大マンション。
ここ佃島住吉神社の一画だけ
昔のお江戸の風情を残したまさに
「小さなおうち」状態の場所。
することは佃煮を買うことのみ。
天安、少々お高い。
海苔のみ購入。205円。よし。
丸久で昆布、469円。
田中屋でセット(昆布、あみ、しらす)1180円。
隠れ家的なつくしん(佃信、と書くらしい)セット
(昆布、あみ、あさり)1000円。
お店としては「つくしん」さんが一番感じよかった。
味は、これから夕飯で確かめます。

ちなみに駐車料金はここ佃島が一番高かった。

第4の目的地、深川へ。
今は門前仲町界隈と言ったほうがいいのかな。
亀戸の大根饅頭「升本」210円しか買ってない。
(大根饅頭はうまかった)
他は、それほどそそられるものなし。
きっと人を呼ぶようになって
ちょっと街の雰囲気も変わったのでは、と思います。
深川丼の店もあり、行列をなしていましたが
行列に興味のないわれわれはパスです。

第5の目的地は、人形町。
水天宮で車を止めて歩きました。
森乃園のほうじ茶のいい香りに誘われます。
私はほうじ茶はあまり好きではないので
買いませんが、小ねこはほうじ茶ソフト300円を所望。
え〜〜〜?と思いつつ一口いただくと
なんと、美味しい。
ほうじ茶の風味がアイスの味に勝っていました。
卵丼のたまひでさんは長蛇の列で。
人形焼のお店も人で一杯。
それらをパスして三原堂、
どら焼き(生地に醤油が入っている!)と
みたらしを買って終わろうとしたところ
大好きな酒悦のお店発見。
上野しか知らなかったのでよし!とばかりに
お漬物やおだしを購入。
人形町卒業。

終わって帰るのには少し早めだったので
帰り道寄れそうな、そして歩いたことがない街、
早稲田に寄りました。
古本屋さんも結構閉まっていましたが
何軒か開いていたので物色。
谷書店が私にはピカイチ。
3冊購入しました。
早稲田の街は高田馬場までつながっていますが
ちょっと疲れていたしお金も底をついてきたので
馬場口で探索終了。
高田馬場方面は次回JRで行きましょう。

東京はどの場所も密集しているのに
それぞれの顔があって本当に面白い。
まだまだありそうです。
駐車料金はいたいけど、
電車だとあれこれ乗り換えるので
今回は良しとしたいと思います。

posted by 大ねこ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

千葉一泊旅行2

ひまわり荘は民宿です。
布団敷きはセルフサービス、防音は不足。
しかし、欠点を補って余りある良さたくさん。
夜ご飯の舟盛りの豪華さ旨さ。
木の部屋の清潔さ、お風呂の泉質の良さ。
一人二食付きで9000円弱のリーズナブルさ。
中居さんもないので気楽だし、十分満足できる宿でした。

和食の朝ごはんいただいて、千葉の中央方面からの帰宅ルートで出発。

房総フラワーラインからの
道の駅ローズマリー公園。
農産物と醤油(千葉の醤油大集合ブースあり)買いました。
今日は気持ちよく晴れて暖かいので助かります。

道の駅和田浦WA−
O。
クジラの等身大の骨のレプリカがお出迎え。
南房総はクジラも捕れる、がウリのようです。
野菜と手作りジャム買いました。

道の駅鴨川オーシャンパーク。
外房の海一望。
千葉産布海苔買いました。
これで内房外房一周、海に別れを告げ、内陸へ。

訳のわからない鴨川有料道路(軽自動車150円軽車両20円!)通り
道の駅君津ふるさと物産館。
たいして何もなく、超田舎道の林道進み、妙なドライブ感。

イチゴ狩り。
を、しようと勇んで林道進んだけど、
どこも休みでした。または予約完了。
とりあえず君津インター近くの四季の蔵で
丸藤の回転寿司(ネタ、おいしかった。)
昼飯の後、その中の農産物コーナーのイチゴに期待。
が。
ない。
今日は入荷してないらしい。
こうなると意地。
近くのスーパー探して入ると赤い姿、あった。
よし。勇んで直行。
表示を見ると
とちおとめ‼

まさか千葉で栃木産食べることになるとは!

4パック買いました。
帰りの高速で
小ねこはやけ食いの3パック。

魚が良かった千葉一泊旅行でした!
posted by 大ねこ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

千葉南房総一泊旅行1

春休み恒例旅行、今年は千葉一泊選択。
南房総へ。

朝9時に我が家のボロ車で出発
高速からの道の駅鋸南が、最初の目的地。

首都高からの館山自動車道、鋸南でおり
道の駅鋸南と道の駅保田小学校に寄りました。
かたや寂れ、かたや華々しく、
まあ、それぞれの道の駅でした。
我が家は寂れた方で農家の方が作った手作りジャム買いました。

次は道の駅富楽里とみやま。
食事処綱納屋で刺身定食。
普段好ましいぶり刺身、美味しくいただきました。
直売所の菜花海苔、無添加で美味しそう。
求めました。
道の駅富浦、枇杷倶楽部というくらい枇杷押しでした。
あまり興味ないので買いませんでした。

次の道の駅おおつのさと。
花倶楽部という別名、
観光バスの一団がお花つみ&購入でごった返していました。
我が家は菜花百円買いました。
花を見るのは好きでも育てるのは超苦手。

館山市に入り、白浜野島崎。
南房総最南端。でも今日は寒い🌁⛄🌁
寂れた海辺と灯台。二百円取られるし寒いので、すぐに撤収。

道の駅ちくら潮風王国。
潮風、でした。

4キロメートル先のひまわり荘に宿泊。
着いたところで続きは次回
  
posted by 大ねこ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

藤沢鎌倉ミニ旅行3

予想通り朝ごはんおいしかった。 
しらすフィーチャー最高。 
湘南しらす天国👼
相鉄フレッサイン、押します。

藤沢駅前からバス乗った。 
鎌倉駅行き、空いている。  
大仏前、長谷観音過ぎての海岸通り下車。
鎌倉文学館へ。
閑静な場所にある鎌倉ゆかりの文学者の
あれこれ。
まあ、そういう場所でした。 

てくてく由比ヶ浜商店街歩き、 
(飛び出す絵本の専門店とか)
道なりに鶴岡八幡宮の方向へ。 
若宮大通りにあるお店見て 
鶴岡八幡宮はパスし 
小町通りと若宮大通りつなぐ路地にある
金糸雀、という「さつまいもカフェ」に。 
小ねこのたっての願いで入店。 
やつはおいもきな粉パフェ、私は抹茶ぜんざい 
うまかった。

最後に珈琲専門店。 
いつものブラジル、うまかった。 
小ねこはめったにないロシアンティー。  
いいね👍 
これで鎌倉終了。
食べ歩いておしまい。 
よし。
帰ります。 
鎌倉からも赤羽一本。便利だ。
posted by 大ねこ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

藤沢鎌倉ミニ旅行2

江ノ島出口辺りで夕飯。 
混む店尻目に海旬処魚華へ。
生しらす小鉢あるというので‼ 
今禁漁期間中らしくあきらめていたので。 
おいしくいただきました。 
 
江ノ電で藤沢に戻り
駅前OPAで飲み物調達、
お宿は相鉄フレッツイン、
サービス行き届いたホテル
アメニティ充実、朝食も良さげ
楽しみです。
ではおやすみなさい。
明日は鎌倉です。
posted by 大ねこ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤沢鎌倉ミニ旅行1

一泊二日、小ねこと藤沢鎌倉ミニ旅行。
赤羽から一本、便利になりました。
1時間ちょっとで藤沢。
ホテル確認して、荷物置いて、お茶して、
1時から発売の江ノ電オトク切符買って、
いざ出陣。

はじめは長谷寺。
初詣だな。
高徳院(大仏)近いせいもあり、
満員。拝観料300円だし。
弁財天押しで、長谷観音拝み、 
大吉だんご食べ、下りました。 

次は隣駅極楽寺駅、
無料で静かな極楽寺で本気の?初詣。 
小ねこ恒例のおみくじ。  
なんと‼1番。
大吉ひきやがりました。 
今年は、彼女のそばにくっついていよう。

次の駅稲村ヶ崎。
漁師の店「池田丸」
しらす定食。
しらす天ぷらなるもの、うまかった。 
店内のBGMがオールサザン、 
そりゃそうか。 

江ノ島着。
はじめは、江ノ島水族館。 
魚餌やりイベントで 
お姉さんにウツボが抱かれてるシーン目撃👀‼ 
可愛かった。 

江ノ島エスカーで楽に上まで。
神社参詣せずマイおみくじのみ引いてみた。 
中吉。
まぁいいか。
サミュエル・コッキングの展望台まで。 
ライトアップ頑張ってました。 
これらすべて江ノ島アフタヌーンチケット1000円コミコミ。 
江ノ島乗り放題だったし 
オトクでした。 

歩いて下りて、下り口近くの鶴屋さんで 
お茶休憩。時間は間もなく6時。 

posted by 大ねこ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

北海道道北旅行10ラスト

image/2015-08-21T173A543A25-1.jpgimage/2015-08-21T173A543A25-2.jpg旭川の街に出てとりあえず昼飯探し。
大通りから少し外れた道の昭和通りというところの、大番寿司。
金曜日から日曜日は昼飯提供の店。普段は夜営業。
830円で握りセットちらし寿司セット。
よかったです。

時間あるので、伝統美術工芸村へ。
市街地から4キロです。
雪の美術館。
アナ雪の世界を彷彿とさせる雪の結晶をあしらった空間。
大雪山の雪をそのまま保存している廊下。
写真はその2枚です。結婚式場も兼ねているようで、好きな人は式場にいいところです。

染織美術館。
企画展で世界各国の「衣装」を「布」の視点で紹介しておりました。
なかなか見応えあって、真剣にお勉強いたしました。

お菓子の蔵人。
いわゆるお菓子処で、多彩なお菓子があります。
北海道小豆と沖縄黒糖コラボの饅頭買いました。

道の駅あさひかわ。
寄ってトイレ行っただけです。
ご当地キャラのアサッピーの鉄像には、さすがに驚きました。(かわいいけどイマイチ人気でないよね。フリンジのラーメンがやや時代遅れ?)

後少し時間あったけど、喫茶店も見つからなくて、ガソリン入れて空港です。

これで5日間の北海道道北&稚内は終了。

今日は旭川暑かった。
でも東京はもっと暑いよね。
うんざり。
仕事も待っております。
日曜日は最後の「大騒ぎ」がありますが。(ワールドハピネス)

にしても一区切り。
寒いペンギン夏を生まれて初めて経験したことは忘れません。
稚内の強い風、貴重な体験をありがとう。

ラストに今回のホテルランキング。
1位=初めの紋別。食事も風呂もよかった。
2位=初山別
3位=剣淵町と稚内

以上。
お世話になりました。
posted by 大ねこ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行9

桜岡
お風呂、地元の大きいお風呂屋さん。
夕食、まあ値段相応。
朝食、バイキングでいろいろありおいしかった。
まあ、そんな感じ。
けんぶち絵本の館という図書館兼本屋兼喫茶兼展示場。
あくまで時間あったので、道の駅けんぶちに寄り、桃パン。
なかにしっかり桃。
形もお尻にしても似た桃形。
おいしかったので、追加、と思ったら、あっという間も完売。
残念。

絵本の館に戻りました。
1時間弱いました。
いくらでもいられそうです。
楽しかったですメロディ
絵本の数すごい。
何冊か手に取りました。
友情もの、お涙もの、家族愛が圧倒的に多い時代になりました。
よって、いいなあと思える本は少ない。
子供に読ませるにしても、考えたいところです。
教科書の内容も劣化しているので。

おっと、それはまた別な話。

剣淵町に別れ告げて一路旭川に戻ります。
posted by 大ねこ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

北海道道北旅行8

さて、最後の宿泊地、剣淵町のレイクサイド桜岡。
道の駅けんぶちの商品券付きのコース予約だったので、まず道の駅けんぶちに。
絵本でも売っているかと思っていたけど、正直イマイチです。
なので、小ねこの友人のお土産用に費やしました。

桜岡湖という農業用貯水池に隣接したホテルで、お好きな方はゴルフとかもできるようです。

私どもは、ごろごろ派なので、最後ののんびりタイムを味わい、温泉と夕食をいただきたいと思います。

本日以上。
明日は、剣淵町で遊び、旭川に戻り、その近辺で過ごし、夜の便で帰京です。

また暑い(;´д`)んでしょうね〜。
ちなみに今日は雨ほぼ降らなかったです。
傘は不要でした。
時々顔を出す太陽は、かなり眩しかったです。
明日は、どうかな?
posted by 大ねこ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行7

image/2015-08-20T153A183A56-1.jpgimage/2015-08-20T153A183A56-1.jpg道の駅なよろ
もち米が有名らしく、夏なのに雑煮があったので、夏なのに食べることにしました。
玄米餅、薄っぺらいけど腹持ちよく野菜と一緒においしくいただきました。
大福とかもたくさん売っていた。

結構ぶらぶらした後出発。

サフォークランド士別=羊と雲の丘

羊に餌やり体験
素晴らしい眺望
あまり宣伝もないようだし商売気もない。
それがいい。
羊毛ストラップ自分用に、羊毛マグネットお土産用に買いました。

穴場あります、北海道、さすがです。
写真奧羊います。
posted by 大ねこ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行6

道の駅なかがわは100円野菜販売していたので、明日帰るからと思い、ズッキーニとチンゲンサイなど買いました。

40号線東に進み、JR稚内駅からのライン線路(宗谷本線)に沿って音威子府に向かいます。
この音威子府って、オホーツク方面から(太平洋)天塩方面から(日本海)双方の中継地点のような感じでしょうか?
後100数十キロで旭川だし。

道の駅おといねっぷは木曜休業だった!

その代わり?宗谷本線稚内行きを目撃。
4両編成でした。

道の駅びふか。
チョウザメ館。
昔天塩川にはいたらしい。
今はキャビア狙いもあって養殖しているらしい。
餌やり体験もできて楽しかったです。
茹で玉蜀黍、おいしかった(^〜^)

なんにもない村、でも悪くないな。
posted by 大ねこ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行5

初山別温泉岬の湯。
7500円で2食付き、夕食の味付けは正直イマイチですが、お風呂最高!
広さ、泉質、浴槽、居心地ともになかなかです。
北海道日本海一望の露天風呂もいい。
日本海側の宿泊の穴場だと思います。
和室の布団敷きはセルフですが、大したことはない。

残念ながら今日も雨マーク、ただ、朝風呂タイムは青空で嬉しかったドキドキしているハート

予定では南下して朱鞠内へ寄ってから、と考えていましたが、宿の方に聞くと、「何もない」とのこと。
道の駅フリークとして、多い方の1119号線からの、中川、音威子府、美深名寄ライン選択。

ただいま中川目指しているところです。
天気はくもり、気温は20度くらいでしょうか。
posted by 大ねこ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

北海道道北旅行4

なぜ富士見という名前なのか、不明なまま、お土産がスーパー価格で安かったので、買いました。

一路初山別へ。
残り15キロ。

初山別温泉岬の湯=道の駅=初山別天文台。
晴れていたらなあ。
♪見えないものを見ようとして〜♪
の「白線流し」の舞台の1つだったらしいです。
立派な望遠鏡があり、晴れていさえすれば、星が見えるそうです。
残念!

仕方なく宿に戻りました。
しかし、その時高台から見える日本海を臨む景色は絶景。
まあこれも、晴れていれば、最高なんですが。

バイクライダーや自転車ライダーが多い北海道の道ですが、ここにもバンガローやテントがたくさん見られました。

私どもは、ゆっくり温泉入り、食事をいただきのんびりとすることにしましょう。

続きはまた明日。
残り2日となりました。
あ、ちなみに、初山別の気温は十分低いですが風のない分過ごしやすく助かります。
posted by 大ねこ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行3

image/2015-08-19T143A483A16-1.jpg
オロロンライン最高でした。
道と日本海と湿原のほかに何もない。
まっすぐまっすぐまっすぐまっすぐ!
28基の風力発電圧巻でした。

突然ひらける天塩の町。
道の駅てしおはしじみコロッケ。
食べました。
次は、道の駅富士見です。
posted by 大ねこ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行2

image/2015-08-19T133A083A01-1.jpgimage/2015-08-19T133A083A01-2.jpgノシャップ岬の食堂「みなとや」さん。二股丼イカとウニで写真の量で2000円。
小ねこはいくら丼1500円、おいしかったおやゆびサイン
雨また降る中、日本海側に折れ南下開始。
254号線からオロロンライン=稚内手塩線に入ります。

もうひとつの写真は、稚内駅です。

別れて改めて思う。
最果てだったんだなあ。
こうした風土で、日本の歴史の流れと異なるアイヌ文化で生きてきた人々の、たくましさは想像を絶する。
そこに間宮さんが調べ、伝え、日露戦争で勝ったためサハリンを手に入れたため、稚内は街となって、敗戦の後は、見捨てられて行った……。
様々な歴史の功罪を、考えずにはいられませんでした。


真面目な話はおしまい。

旅は続きます。
posted by 大ねこ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道道北旅行1

北海道道北旅行1、の始まりです。
山一さんの普通の朝食いただき、6200円でOK(この値段が全て)、宿を出ました。

副港市場で軽い買い物(夜の方が賑わうんでしょうか、だったらいいんですけど)、道の駅稚内=JR稚内の2階=シネコン!で映画始まり見ずにコーヒーだけ頼み。

稚内駅から旭川で5700円、札幌千歳だと10000円越す………。
つまり、東京名古屋間で約10000円だから……(新幹線)。
自宅から横浜だって1000円しません。
改めて北海道の広さ実感。
稚内の人が札幌に行くこと自体、大旅行や大決心って言うことなんですね。
そもそも稚内はサハリン(樺太)を繋ぐ船の発着所として拓けた場所です。
つまり、旭川行くよりサハリン行く方が近い。(航路43キロだそうです)

で稚内公園にある北方記念館稚内市開基100年記念搭に。
展望台行っても霧と雨で何も見えないという結果。

ノシャップ岬に着くと風はあれど雨は止みました。
寒流水族館(なのに熱帯魚もいた)と青少年(!)科学館。
水族館には2つ感動。1:ドクターフィッシュ。荒れた手を突っ込むと食べる食べる。ありがたい。
2:幻の魚イトウが何匹も。北海道のみまだ生息とのことで。かつてアイヌは食べたんであろうと。
科学館もお子ちゃまに戻り遊びました。

稚内ってロシアや中国の方が近いという、気候的にも日本的でないという結果。

異境?異郷?感を強く感じました。
posted by 大ねこ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

北海道稚内方面旅行9 このタイトルラスト

宿に着きました。
正直言います。
狭い。
風呂も2階にある普通の風呂です。
なので、部屋付きの風呂にしました。

けど、食事はおいしかった。
厨房脇のダイニングルームで食べるのですが、家庭料理の延長ぽく、量も手頃。
秋刀魚がもう出ていて、甘辛い煮付け、絶品でした。

明日は稚内市内からノシャップ岬、日本海の道を南下して、初山別まで向かいます。

よってタイトルも「北海道道北旅行」に変わります。
posted by 大ねこ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする