2018年04月13日

月例独演会 柳家三三 イイノホール

月例会三三。
ほんっとにチケット取れなくなって
来てて、行かれる月はイエーイ、なんです。
P列っていう超後ろ。
それでも師匠に会えるならば、
仕事の山を切り崩し、突貫工事して
終わったことにしていざ霞ヶ関。

看板のピン。
かっこいい先達の真似っこシリーズの一つ。
博打から足を洗った隠居の
看板のピンネタを丸ごと真似して
バカを見るたわいもない噺。
続いて干物箱。
こちらは吉原大好き二代目ボンボンが
吉原通いするため声色似ている
仲間に身がわりさせて笑える噺。
どちらも軽い笑い噺。
身がわりになる貧乏貸本屋の善公がいいね。

中入り。

三遊亭歌太郎。

最後の三三は、万両婿。
初めて聴く噺でした。
小間物屋政談、という言い方が一般的らしい。
元は講談。三三師匠はこうした講談噺
よくやります。日本語への愛、というか、
昔の良いものを掘り出すことも
ライフワークにしているんだ。
そこも好き。
内容は、小間物屋の主人が上方に行く途中、
同業者で大店の主人が追いはぎにあい
助けたもののその主人が宿屋で死んで
着ていたものが主人公の着物だったりしたため
主人公が死んだことになり
妻のトキが主人公のいとこと小間物屋を守り
結婚してしまう。そこへひょっこり
主人公が帰ってきて一悶着。
それを大岡政談で丸く収める噺。
サゲが「トキが過ぎる」が絶妙。
例によって悪者1人もいない。
おせっかいやら早とちりやら
刃傷臭いやら、落語の人の良い人物総決算
みたいなところがまたいいんです。
よくこんな噺、見つけてくるなあと感心。
だから三三ファンをやめられないんです。

来月行けず、六月はゲットしてあります。
細く長く追いかけてまいります。

仕事がちっとも終わりません。
長い一週間でした。
でも温かい噺に癒され気分は爽快です。
posted by 大ねこ at 23:44| Comment(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

歳を重ねていく。

えーっと。
現任校で五年連続一年生です。
通算七年目の一年生です。
なんという事でしょう。
現役でいられるのは今年入れて二年。
ということは、ラストイヤーまで一年生でいいか、
という気分になる。
おチビ相手に漢字や割り算まで忘れそうだ。

入学式から本日で4日目。
年々扱いやすくなっています。
それは無論私の慣れも大きいですが、
幼稚園保育園がかつて言われた小一プロブレム以来
本気で頑張っているんだと思います。
今年1人幼稚園保育園行ってないお子さんを
指導していますが、やはり通っていた子との
差はかなり歴然。
整列、とか、手紙を配って連絡袋に入れる、とか、
いわゆる当たり前な社会の営みにかなり疎い。
まあきちんと座っていられるし
鉛筆もしっかり扱えるから家庭で頑張ってきたことは
伝わりますが、学校用語が通じない。
幼稚園保育園に今は深く感謝です。

後、最近の子は、自己表現がうまいです。
きっと幼稚園保育園でそうした指導も
豊富になってきていると思います。

とはいえ、毎年のカラーというのがあって
現五年生は長子カラー。
現四年生はやんちゃカラー。
現三年生は格差カラー。
現二年生は次男次女カラー。
今年はどうやらおしゃべりカラーかと。
ちなみに現六年生は、別の学校ですが
親御さんにずいぶん泣かされました。
自由気ままカラーとでもいいましょうか。

しかしみんな希望を持って期待に溢れて
重いランドセルを背負って学びたくて
通ってきます。ましてやまだ生を受けて
たった六年しか生きていないんです。
可愛いです。
そしてその一生懸命さや健気さに
心うたれます。
そして何よりこの子たちは
東日本大震災の年に生を受けた子たちです。
日々大切に育てたいと思います。
posted by 大ねこ at 21:00| Comment(0) | 小中学校教育を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

阿部和重 伊坂幸太郎「キャプテンサンダーボルト下」(文春文庫)

思っていたのと少し違う展開でしたね。
決して5人揃うことはありませんでした。
あくまでも相葉と井ノ原のバディものでした。
世界的なテロ組織と純粋なバディが闘う話に終始。
最後の方は、ご都合主義が多く
運が良すぎる2人でした。
村上病は、村上春樹の事かと気づき、
最後の方に出てくる島田某と筒井某も
有名作家のオマージュだとはうすうす気づいていて
解説にハッキリそれが正解だとわかり
ちょっと嬉しくもあり。

最後まで飽きさせない作りと
相葉、井ノ原の真面目で愛嬌のある伊坂風のバディは
読み進めるのに苦を感じさせない。
しかし、やはり2人の救出にはご都合主義が多すぎて
エピローグに至っては、調子良すぎて
ちょっと引きました。
小説の面白さはさすがでしたね。
赤木さんをもう少し活躍させて欲しかった。
後、エンタメだから無理なんでしょうが、
せっかく生物兵器と戦争を絡ませたんですから、
歴史認識への国や軍、警察への絡みも
描いて欲しかったです。

長年の小説好きには、その辺り、
残念でした。
posted by 大ねこ at 18:23| Comment(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

斉藤和義 Toys Blood Musicコンサートツアー 川口リリアホール

せっちゃんライブ初日。
いえー。
川口スタートって。ちょっと笑う。
相変わらずスマートでとっても喋りは下手なまま。

マディウォーター
砂漠に赤い花
青空ばかり
Im A Dreamer
エビバディ
純愛
de ja veu
始まりのサンセット
good night story
世界中の海の水
黒塗りのセダン
12時55分
行き先は未来
good luck baby
問題ない〜ダンシングヒーロー
オモチャの国
真っ赤な海
僕の踵はなかなか減らない
I love me
月光


アンコール
Wonderful fish
歩いて帰ろう
ずっと好きだった

「真っ赤な海」は知らなかった。
「僕たちのロックンロール」のトップ収録らしい。
買う。

今回のコンサートで実感したのは
井上ひさしさん曰くの
「難しいことを簡単に、面白く」を
実践している歌い手だということです。
楽曲そのものは結構レベル高い。
ギターバカそのもののアルペジオに早弾き。
3連符多用のスライド多用。
リズムセクションも難しいものが多い。
なのに軽〜く歌えるものが多い。
ポップスとしては上級。
そして哀愁あるバラードも良いし
ガンガン叫ぶテンション高いロックンロール、
政治性のある歌詞に能天気なラブソング、
腹減ったからメシ食おう的な曲まで
守備範囲の広さも魅力です。

荻野目ちゃんの「 ダンシングヒーロー」笑った。
もちろんディスコダンス付き。
せっちゃん、世代だよね。
ナイスセレクトでしたね。
和みました。可愛かった!
トークがない分、続けざまのライブ。
しかし飽きることのない曲の布陣。
最高でしたね。
参加者も老若男女雑多。

武道館も当たるといいな。
職人技をまた追体験したいです。

「この川口のホテルに昨日泊まったんですが、
えーと、この街に来る人は何の用が
あるんでしょうかね〜」
ホント。強く同感。
なんもない、ただ東京により近い街、
ってだけの場所です。
よく来てくれましたね。
ありがとう。
お身体に気をつけて
長丁場のツアー、頑張ってください。
毎日アルバム聴いて励まされたいと思います。

個人的には
「砂漠に赤い花」「黒塗りのセダン」「オモチャの国」
とても嬉しかったです。
「月光」も泣けました。
posted by 大ねこ at 22:48| Comment(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

三泉旅行10完結

朝湯はメルヴェール有馬の野天の湯。
洗い場なしの葉っぱ落ちてくる系。
のんびり浸かりました。
朝食はバイキング。
和風バイキングで全て美味しくいただきました。
9時過ぎに出て、有馬の温泉街を散策。
金湯と銀湯の外湯をめぐるぐるり一周。
坂を登りますが、駅側が下りで助かりました。
三つというお店と金泉堂というお店が競合。
炭酸煎餅中心でしたね。
他に竹細工、佃煮主流の中、
カメ印の洗顔&お風呂グッズが良かった。
お土産用と友達のバースデープレゼント用と
自分用とに買いました。

荷物いっぱい。

京阪バスで直接京都に戻ります。
1人1800円。
八条口に着いてそのまま新幹線で東京に。
京都の街をぶらつくには
荷物多過ぎ、そしておそらく人も多過ぎだろうと。
また、東京駅からの電車も混む時間にしたくない。
明日は2人とも仕事。
ということで今回の旅日記終了です。
新幹線抜きで2人で14万くらい。
新幹線入れると込み込み1人9万ですか。
3泊4日ですから1日あたり2万3000円くらい。
ンー。まあまあ贅沢でしたね。
でも、温泉旅行だし、頑張ったご褒美旅行なので
よしとしましょうね。

また夏まで頑張ります。
夏は再びの北海道予定です。
おしまい。

あとの今日のお楽しみは
駅弁だな。
以上おまけでした。
posted by 大ねこ at 11:19| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

三泉旅行9

宝塚から路線バスで有馬温泉着。
坂道の多い温泉街。
坂道の上の立派な温泉宿尻目に
神戸電鉄すぐのところにあるメルヴェール有馬。
普通のホテルですが温泉付き。
コーヒーサービスもあり私にはありがたい。
夕食早めにしてマイクロバスでいける
「太閤の湯」という各種施設付きの温泉へ。
2400円は高めの設定。
ただ、露天風呂が凝っていて
五右衛門風呂にカモミール湯、炭酸湯と豊富。
金湯銀湯混合湯が一番良かった。

メルヴェールの夕食は和風懐石で無難な内容で
値段設定以上の味でした。
ここの温泉はこの後入ります。
posted by 大ねこ at 20:55| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三泉旅行8

宝塚駅はタカラヅカ一色。
手塚さんはおまけ的な感じ。
こうのとり号で2時間半、宝塚着。
大変都会感。
デッキを阪急側に進み「花のみち」。
つまり宝塚劇場に続く宝塚通り。

IMG_0394.JPG

どどーんと宝塚劇場君臨。
更に直進すると手塚治虫記念館。

IMG_0395.JPG

火の鳥がお出迎え。

IMG_0396.JPG

ただ、館内は大したことなくて残念。
700円の割には、残念。

ついでにと足を延ばしたのが宝塚文化創造館。
2階にすみれ♪ミュージアムがあります。
宝塚の残存するポスターが圧巻。
戦前戦中戦後の昭和20年前後が面白い。
懐かしいアンドレ、オスカルの安奈淳、榛名由梨!
卒業写真に写る天海祐希さんや真矢みきさん黒木瞳さん
すでに顔も雰囲気も出来上がり、
トップスターをとることの天性を見つけました。
努力だけなら宝塚に入学した人みんなだし、
同じように学んでもトップスターは一人だ。
大変な世界だな。
ついでにトップスターが背負う羽根の重さを表すリュックが。
背負うとまあ重いのなんの。
そのトップスターの命は、せいぜい4〜5年だ。
本当にパッと咲いて散る花の姿そのものだな。

IMG_0397.JPG

奥の、ではなく、手前の建物が
元宝塚音楽学校で今は創造館。

劇場近くの劇場御用達のレストランや美容院、ネイルサロンが
入った住居兼ビルの2階にあるレストラン「茶寮 華」で
遅い昼飯。店内もトップスターのサインだらけ。
ヅカファン垂涎地域です。
濃いめの味付けでしたが美味しかったです。

阪急バス乗り場に戻り1日5便程度の路線バス乗車。
有馬線75番570円で行けます。
最後の宿泊は有馬温泉です。
posted by 大ねこ at 15:42| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三泉旅行7

3日目。
ときわ別館さんは老舗旅館で客の要望にマッチ、
隠れ家的な宿でした、
あさに檜風呂入り、完全にシークレット旅行の様相。
実は全然なんですが。
正直我が家には高級過ぎて
使いこなせませんでした。
一泊24000円程。
大盤振る舞いでした。
その割には……。
次回から身分相応な宿にします

外湯は朝がいいでしょうね。
夕方から夜は避けたい。
朝、部屋食してマイクロバスで送ってもらって
その道中見ていると朝湯がベストと判断。

大阪行きこうのとり号で途中下車、
宝塚に寄ります。そこから路線バスで有馬温泉。
今日の宿は割と身分相応です。
今日の行程です。
posted by 大ねこ at 09:10| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

三泉旅行6

城崎温泉到着。
大変温泉街。
泊まるときわ別館は最も外れの方。
なので一旦送迎バスで宿に行き、
荷物を預けて再度散策へ。

まずロープウェイで温泉寺経由 の頂上。
まあ、うん、そうね、という景観。

IMG_0391.JPG

です。
降りて、街歩き。
なんだかんだで2時間以上歩きました。
饅頭より煎餅が名物か。
カニと甘エビがフューチャーされてる。
あと藁細工とか志賀直哉からの文学館など
あります。また外湯めぐり有名。
食い気以外は全てスルー。
カニ棒、ぬれ煎餅、温泉饅頭を食べ歩き、
各種煎餅土産に買って宿へ。

ときわ別館はちびっこ御断り。
今回贅沢な部屋ゲット。
部屋に檜風呂とマッサージチェア装備。
庭園付きで広い部屋。
夕食も朝食も部屋。
つまりいっそどこにも出なくていい。
まあ内湯の風呂は行きますけどね。

IMG_0387.JPG

IMG_0389.JPG

IMG_0388.JPG

こんな感じです。イエイ!
posted by 大ねこ at 17:48| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三泉旅行5

コウノトリ飛来地 なのかな、
一つ手前の駅がコウノトリの郷でした。
豊岡着。まあまあの街。
人通りは少ないけど車とバスは多いな。
大通りの駅近の小洒落た喫茶店入店。
年配のマスター。
サンドイッチセットとホットケーキセット注文。
20分程かかります、とご親切な言葉。
喫茶店の名前は、まるやま。
近くのコインロッカーの有無を聞くと
「うちで置いときますよ」とのマダム。
助かりました。
近くにある鞄ストリートへ。
残念ながら高級なお店だけで
おやすみも多く、ふらっと立ち寄るわけには
行きませんでした。
戻って荷物をいただき、山陰本線で2駅の城崎へ。

まるやまのホットケーキ、絶品でした。
コーヒーも美味しかった。
商店街に並ぶ服やバッグはおしゃれでした。
さすが兵庫仕様。

鞄ストリートにある
カバン自販機と
カバン型の自販機です。

IMG_0385.JPG

posted by 大ねこ at 13:05| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする