2016年11月30日

広瀬稼和生「僕らの落語」〔淡交社〕

初めて聞いた会社からの新書。
1300円しましたけど、いい本でした。
現代を代表する落語家の対談集。
広瀬さんがコーディネートして時々口を挟み
いい感じでまとめてあります。

最初に活動家米團治と柳家花緑
遺伝子的すでに名人落語家一家。
非常真面目な対談。
米朝師匠曰く、落語とは
おじいちゃんが孫に聴かせるおとぎ話、であれと。
至言ですね。
感謝を持たない若者にどのように対応すべきか
悩む花緑は弟子との距離感に悩んでいるわけで、
血の中に落語があるものとそうでないものとの
せめぎあいとも読めました。
さすが米團治さんはさらに一回り年上なだけに
諭すような場面も。
ちなみに米團治さんはほぼ私と同世代。

二つ目は、今をときめく天才肌の
春風亭一之輔と桃月庵白酒。
全部を覚えきらずともじぶん流に料理して
爆笑させる落語に変換してしまう。
おそらくは実はかなり聴き込んだり学んだりしている
と、踏んでいます。
けれどそれを感じさせるのは野暮だとも知っている
江戸前な二人です。
彼らはこれからの落語界の風雲児であり牽引者だと
何度か聞いた私はそう思います。

三つ目は、ユニークな存在の
春風亭百栄と三遊亭兼好。
百栄さんは新作派で兼好さんは古典。
一人者、ではありませんが
それぞれアメリカ遊学後、サラリーマン生活後に
落語界の仲間入りをした異色の経歴持主。
世間を知った上での落語は、味があるもの。
私は兼好さんのあの子元気が出る声が好き。
いわゆる正統落語ではないのかもしれないですが、
私はこれからも追いかけたい落語家さんです。

最後は女性落語家さんの柳家こみちと三遊亭粋歌。
こみちさんは小三治さんの会で伺った。
粋歌さんは新作が多いようですね。
まだ聴いたことありません。是非次回何かの折に。
お二人とも40代っぽいです。
女だからという苦労もあるようです。

まだまだ知らない方も多いです。
こうした良心的な本がこれからも出てほしいです。
落語家さんの会で感情をもっと知りたい。
ネット検索しても情報の少ない方が多いです。
若者に興味を持ってもらうためにも
もう少し情報公開は必要です。
広瀬さん、同世代人間として応援しています。


posted by 大ねこ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

鈴本演芸場 11月下席

入船亭辰のこ 十徳
なかなか上手でした。

入船亭遊京 湯屋番
色気がありました。

ストレート松浦 ジャグリング。

入船亭扇蔵 子ほめ。

五街道雲助 身投げ屋
師匠の金語楼が作った噺らしいです。
自殺の真似で儲けようとする男が
同業者にしてやられる噺。

のだゆき
鍵盤ハーモニカ芸。

歌の介 漫談。
絶妙!笑い過ぎました。

扇遊 天狗裁き。
見ていない夢をしつこく追及され閉口する熊。
あげくは天狗までも興味深々で
それもまた夢だった、オチ。
語り口のうまさでさすがだと思います。
私はあまり好きなは噺ではありません。

中入り。

漫才ホームラン

柳家さん助 真田小僧。
声がおっかないのは天性。
口調はやや大げさ。

紙切り 林家楽一
秋田竿灯祭り、なんて難しいお題をクリア!
素晴らしい!

トリは入船亭扇辰 全く知らなくて
今ネット検索しまくりやっと判明。
上方落語桂文我さん辺りからの「匙加減」。
色っぽい芸者、惚れ込んで勘当された医者。
芸者の働くかのうやと置屋の松本、
医者の味方になる家主、そして大岡越前守。
医者焦がれ気が触れた芸者を3両で身請けしたが
完治したところ、店側が使える女だし
証文がまだあると尻をまくる。
そのあとは見事な大岡裁きがあって、
さらに家主に割った猫の茶碗代をぼられるかのうや。
サゲの面白さで笑って終われましたが、
立派な人情噺だと思います。
扇辰師匠が人物使い分け見事で
吸い込まれるように見ていました。
よかった。
やはりトリを取る師匠はオーラがあります。
グイグイ引き込まれ、気づけばハッピーエンド。
スッキリしました。

明日も休み。やった!
posted by 大ねこ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯浅学「ボブ・ディラン」(岩波新書)

ノーベル文学賞を取ったから
にわかに読むことにしました。
ミーハー。
「風に吹かれて」「like a rolling stone」くらいしか
知りませんです。
好きなアーティストが彼から影響受けている事は
知ってます。
今からどの楽曲やアルバムを聴けばいいのか
知りたかった。
でも結局どれもいいらしく
今はより困惑して迷っています。

ていうか、英語じゃないですか。
やっぱり彼が言いたい事は
わからないだろうって考えちゃうんですよ。
ここが一番入りづらいところです。
若い頃なら歌詞カード見て辞書と首っ引きで
調べておお〜ってなるんでしょうが、
今はその気力に欠けています。
それで敷居を高くなっているのは事実です。

リトル・リチャードやバディ・ホリー、
やがてウディ・ガスリーに強く影響受けて、
ニューヨークに来てフォークシンガーとしての
地位を確立。
本人には社会派とか活動家の意識は皆無にもかかわらず、
周囲がそれを期待する事への重圧。
ビートルズとの交流。
「like a rolling stone」は当時のラジオでは長すぎる曲で
A面B面に分けて録音され流したところ
きちんと全部流せとリスナーの要望が出たこと。
嗄れ声で歌う彼が、豊かな声量で歌ったり
表現豊かなシンガーとなっていく過程。
1978年2月に初来日コンサート。
ユダヤ教からボーンアゲイン派教徒になり
信仰を元にしたアルバムも作った事。
トラベラーとしてツアーし続け
家庭を顧みず生きていた頃。

読み終えて思ったのは、
やはりプロテストシンガーではない、
言葉と音に魂を捧げたアーティストなんだと
いうことです。
その意味で、文学賞は妥当だと思います。
英語圏で生きていない私には
理解しきれないことも多いと
思いますが、やはり湯浅さんオススメの
97年制作「タイムアウトオブマインド」辺りから
聴きたいと思います。
「フリーホイーリン」「時代は変わる」もいいらしいですね。
目安がたったんであとは購入ですなぁ。

昨日学校の周年でした。
いろいろ疲れました。
posted by 大ねこ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

瀧川鯉昇、柳家喬太郎二人会 東京芸術劇場プレイハウス

今日は53だか54年だかぶりの東京の雪。
11月ですよね。うーん。

開口一番は立川某さん。
「つる」嫌いじゃない。
バカバカしくて好きい。
瀧川鯉昇師匠、初めて。
御年63歳、軽妙で仕組みのあるマクラで
笑いを誘います。
ネタは下ネタ系の「肥がめ」
食べる仕草が絶品。
下品が上品に見える噺家さんだと思いました。

喬太郎師匠は前にも聴いた「抜け雀」。
宿屋の亭主がいいんです。
可愛くてまっすぐでどこにもいそうな男。
サゲの面白みより、話の流れが好き。
現代風も感じさせての古典、
とても良かったです。

中入り。

喬太郎師匠は先ほどと違って軽めの「仏馬」。
酔っ払いの生臭坊主とお人好しのお百姓と
馬の黒がいいコントラストでした。
鯉昇師匠で「二番煎じ」、これも初めて聴く噺です。
夜回りで寒い庶民の
敵である役人が煎じ薬ー酒と口直しー鍋を
喜んで食べちゃうところは
ああ、図々しい!庶民の楽しみをうばう奴め!
と真剣に思いました。
食べちゃうシーンがそれ程ムカつくくらい上手い。
でも品があります。

また新しいお気に入り師匠が増えてしまいました。

学校で、記念行事が先日終わり、ほっとする間もなく、
ちょっとした失策で学年全体のぬるさが発覚して
結果的にはある子を傷つけてしまうことがあって
保護者にお叱りを受ける出来事がありました。
笑って許して貰える範囲ではない、その範囲が、
人によって様々だなあと感じることにも繋がりました。
そんなこんながあったので
少し笑って許してもらえた気がして
肩がちょっとだけ軽くなりました。
posted by 大ねこ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

万城目学「とっぴんぱらりの風太郎」(文春文庫)

いやいや、まさかこうなるとは。
ラスト100ページあたりからの
大阪城炎上から大団円まで
まさか泣かされる系になるとは。
万城目さんはどちらかというと
笑えるタイプの作風と信じていたし、
このタイトルからの印象ではハッピーエンド予測
してました。軽率でした。

風太郎はプータローでありながらも
真面目一辺倒で闘い抜きました。
ひさご様は予想通り秀頼公でした。
その最期に立ち合うよう高台院様が風太郎を選んだ。
その運命を呼んだのは、ひょうたんの神?の
因心居士。見事、果心居士と出会い
彼らは行くべきところへ行きます。
しかし、彼らは人の生き死にには関われない。
残菊との闘いには勝ったものの
その時にはすでに黒弓も蝉も常世も……。
風太郎が預かった秀頼公の子供は
もっとも彼を裏切ってきたと思っていた
百市に託した。そこの手伝いは居士達の力。
しかし、生き死にには関われないからこそ
風太郎は生き絶えることになるのでした。
壮絶すぎて言葉も失う描写の連続です。
戦国の世とは、実にこの様に凄惨であったと。

大真面目な戦国末期の忍びたちの
居場所のない景色でした。
でも生きてきた。
風太郎はしっかり全ての約束を果たしてきました。
ただ一つ、この争いが終わったら
芥下と共にひょうたん屋をやるという
約束だけは果たせなかった。
切な過ぎました。

読ませられました。
読み終わり、しばし茫然でした。
こりゃないぜ、万城目!と思いました。
幸せを与えて欲しかった。
辛かった。
でも、多分作者は戦乱の世の非常をも
私たちに伝えたかったんだと思いました。
久々にずっしりと重みを感じた本でした。

posted by 大ねこ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

万城目学「とっぴんぱらりの風太郎」(文春文庫)

今日は教えた子でNHK児童合唱団に入っている
お子さんの発表会をオペラシティで見てきました。
オペラシティ!初めてです。
初台という駅で降りたのも京王新線にも
初めてです。なんでも行ってみるもんです。
小学二年生から18歳くらいまでの
その教え子以外は知らない子ばかりですが、
聴き終わって涙ぐむ自分がいました。
盛大な音楽会、と言ったところでしょうか。

昨日今日の遠出?で読み切った上巻。
風太郎はプータローと読みます。
つまりは優秀な忍者なんですが柘植屋敷から
追い出され何もすることがなく京都で
ひょうたん作りを始めるニートであります。
ひょうたんは豊臣秀吉のトレードマーク。
なんだかんだ珍重されていて
ひさご様と言われる引きこもり青年のお世話もしたり、
忍者仲間の常世繋がりでねね様=高台院様とも
繋がりができたところで、徳川氏と豊臣氏のいくさになった。

全ての行動は実は忍びの者たちによって規定され
そのレールを走っている感じのある風太郎。

友人?のような腐れ縁のマカオ帰りの黒弓。
女の格好をして高台院に仕えている常世。
同期で好きにはなれない蝉。
ひょうたん作りを指導してくれる芥下。
所司代に仕えているらしいかぶき者の残菊。
高貴な方病弱な方と言われながら蹴鞠の上手いひさご。
そしてひょうたんの精?のような時々現れる因心居士。
相方に果心居士というのもいるらしく、
互いに会うためには風太郎のチカラが必要らしい。
一つ一つのエピソードは分かりやすいのですが、
だから、どんな繋がりなのかと。
さっぱり分かりませんです。
でも面白い。
例の家と康が離れた鐘の話も出てきて
歴史のあの頃かと徐々に楽しさが深まってきています。

下巻で謎も解けるとワクワクです。
posted by 大ねこ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

柳家三三独演会 「秋」日本橋三井ホール

三三の独演会。お久しぶり。
今日は、東京ど真ん中の日本橋室町
コレド室町の日本橋三井ホール。
すごい。
しかもなんだか、1ドリンク付き。

前座なしで(ろべえさんはいるようですが)
いきなり三三師匠登場。
体調も万全なご様子です。
「元犬」でご機嫌うかがい。
シロの仕草や受け止める口利き屋も
ご隠居さんも可愛い。
サゲは「おっ母あに会えた」。
二つ目は「うどん屋」。
初めて聴く噺で、調べると大師匠の
小さん師匠が得意の見せる落語だそうです。
しがないうどん屋が寒い夜に屋台引いて
酔っ払いに絡まれ、売れるかと思いきや
ただ与太話を聞かされ食いもせずバカにして
去っていく。なんだかなあと更に行くと
大店の奉公人がこっそり呼び止めてきたので
これは複数売れるかと期待。
一杯のうどんを旨そうに鼻をすすりながら
食べる様子が絶品。
サゲは「うどん屋さんも風邪ひいたかい?」。
どうということのない噺ですが、
冬に向かう今にはぴったりでした。

中入り。

出ないって言ってたろべえさん登場。
三月真打ち昇進決定。小八師匠になるそうです。
故喜多ハ師匠もお喜びでしょう。
「お見立て」。花魁も太鼓持ちも田舎者もいいです。
うまくなりましたね。
三三、最後は「質屋庫」。
初めて聴く噺。
長尺でたっぷりと。
質屋の店主、弱虫の番頭、小僧の定吉、
力自慢の癖に弱虫の熊五郎、
みんな愛嬌たっぷりで愛すべき人物に。
一つの人情噺三番庫から出ると言われる化け物の正体を
暴くべく番頭と熊五郎が離れで見張るところから
爆笑。
質屋が疑われやすい店だという具体例を
店主が語るエピソードがそれはそれで一つの人情噺。
定吉が熊五郎をからかうところもいいです。
一つの笑い噺。
そして見張るくだりは大の大人がうろたえて面白い。
サゲは菅原道真の掛け軸から本人登場。
太宰府に流され非業の死を遂げた逸話を元にした
「もう流されたくない」、あああ!です。

いい噺です。
まだまだ知らない噺がいっぱいで
それらを発掘しているであろう三三師匠に
熱い拍手を送りたいと思います。
大器、を感じました。

アメリカ大統領に予想外に人選ばれ
TPPなど言語道断な法案が可決する国で
豊洲はカジノ化する予感が拭えない今日この頃、
りりィさんは亡くなり
仕事は順調なものの、貧乏暇なしで
物思う晩秋の今日
少しスッキリしたのでした。
posted by 大ねこ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

伊坂幸太郎「死神の浮力」(文春文庫)

正直「死神の精度」は読んだものの
内容はすっかり忘れています。
構成で読ませた以前の作品より
私は今の作風の方が好きです。
会話の面白さは色褪せてないし
展開もよりオーソドックスになって
誰にも読みやすい作品でした。
伊坂さんは、自分ではいつも
自分は臆病な人間だと吐露される。
その癖小説の方は殺人だの死の課題だのに
果敢にアタックされる。
面白い小説家だし、小説家らしいと言えます。

山野辺という小説家とその妻が主人公で
死神の千葉は彼らの死に立ち合うためにやってくる。
山野辺は娘の菜摘を本城なるサイコパスに
殺されています。
その本城に復讐を果たすことが
生きるアイデンティティになっています。
しかし、本城に着く香川という死神は
本城は死なないと決めている。
読み手としては、苛だたしい展開。
さまざまなハードボイルドな展開が続き
その都度千葉が結果的に山野辺夫妻を
救うという不思議に状態になる。
実は死神にも意志があるのでは、と
思わせられます。
最後に本城はどうなるか、これが
実に旨がすく結末。
さすが伊坂さん、と思います。
このためにイジワルな伏線 張っていたんだ、と。

題名の浮力、って
人生上の浮き、も含まれていると感じました。
死神さえも。
ラストシーンもいいです.。
相変わらずとても映画的でした。
posted by 大ねこ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

映画 「続・深夜食堂」

続・深夜食堂、封切初日拝見。

「焼肉定食」
葬式詐欺男に佐藤浩市、贅沢。
でもとてもいい味付けになっていました。
結婚に縁遠くなっている女性の気持ちを
うまく表現。女子で焼肉、かっこいいです。

「焼きうどん 」
キムラ緑子の母親に池松壮亮の息子、いいキャスティング。
15歳年上の女と結婚しようとする蕎麦屋の後継息子。
実は母親が子離れしていないんだという。

「豚汁定食」
来て来て詐欺に出会い
福岡から東京に来て騙されたおばあちゃんに渡辺美佐子!
自分も駆け落ちして息子を捨てた人生だから
騙されたことに悔いはないが
一目会いたい気持ちは拭えずしばし東京滞在。
「めしや」常連たちがおばあちゃんに対して
掛け値なしのフォロー。
前に話の主人公だった人物たちがサブに回り
おばあちゃんを一人の人として
昔からの仲間のように接する。

キャスティングされる役者さんも
決して人気者ではないです。そこがいい。
味わいのある庶民感が出ています。
感情過多な部分もなく、淡々と事実が流れる。
「めしや」のマスターにしてからが一切思いを語らない。
でも、温かい。
人って捨てたもんじゃない、と深く頷かされます。
あ、マスターがこの映画で二回感情出しました。
一回目は料亭ママ(余貴美子)が軽く迫った時。
二回目はおばあちゃんが豚汁定食を褒めた時。

小林薫さん、好きです。
警察官のオダギリジョー、いい味出しています。

見終わって、何か心が浄化された気がします。

posted by 大ねこ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画・芝居などの鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学芸会、そして展覧会

1,2,3日、学校で学芸会、正しくは学芸発表会を
無事に終えてきました。
我が所属する地域は学芸会があります。
担当の一年生は私が書いた脚本。
日本の四季を詠う芝居です。
ま、簡単に言うと古今東西さまざまな詩人が書いた
詩を、四季に分けて詠む(演じる)もので
「にほんごであそぼ」のパクリとも言えます。
あはは。
でもそれなりに格調高く楽しいものに仕上げたと
自負しております。
2年生は賢治作品の音楽劇。
3年生は地域の言い伝えを落語タッチで描く創作物。
(私の落語の指南者の先輩先生が創りました)
4年生はオーソドックスな群像劇。
5年生は難しい民話劇にチャレンジ。
6年生は劇団四季の作品。
特番支援学級は「じごくのそうべえ」。
それぞれどの学年も、主任がセンスあって
捨てのない素晴らしい作品でした。
我が校のレベルの高さは自慢できます。
さまざまな学校でやって来た私が見て
かなりのレベルだったと思います。

そして今日は前任校の展覧会参観。
ダイナミックで四月から取り組んで来たんだろうと
想像できるダイナミックな作品でした。
ちょっと私の好みではない作風もありましたけど
それは子どもの技量の問題ではなく、
専科の先生のセンスや年齢が自分の志向と
異なっているというだけの話です。

6年生は教えた子達で
何人かとあえてうれしかった。
当時と変わらない笑顔が大きくなったくせに
とても可愛かった。
なかなか荒れている部分もあるらしいですが、
結局彼ら彼女らの言い分は
いい教師なら言うこときくってことです。
そりゃつまらない授業を受けて
約束を果たさない教師と四六時中付き合うんですから
文句の代わりに良くない態度にもなりますね。

教える側のレベルアップがやはり急務だと
思った一週間でした。

posted by 大ねこ at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小中学校教育を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする